from :: Asahikawa Hokkaido

passer-by198

primetime pencil

2020/01/12


Posted

【偽左翼の欺瞞】ドイツの政治とメディア、じつはここまで「左傾化」が進んでいた 極右の台頭よりも問題視すべき事態

 source : 2020.01.10 現代ビジネス 川口マーン惠美 (クリックで開閉)





■新年のカウントダウンに乗じて




旧東独の文化都市ライプツィヒ。すでに12世紀には神聖ローマ帝国の商都として繁栄し、その後も20世紀に至るまで、商業のみならず、学問、文化、芸術が咲き誇った。

特に音楽では、ここを訪れなかった有名な音楽家を探すのが難しいほど。18世紀、ヨハン・セバスティアン・バッハが26年間も音楽監督を務めたトーマス教会では、床の下に、今もバッハが眠っている。

大晦日の夜9時、そのトーマス教会でオルガンコンサートを聴いた。この教会には、2台の立派なオルガンがある。曲目は、もちろんバッハと、その他マックス・レーガーなど。オルガニストは若年20歳の青年で、瑞々しい才能が迸るような爽やかな演奏だった。

教会から夢見心地で外へ出たのが10時40分。あちこちから花火を打ち上げる爆音が聞こえた。空気がすでに火薬くさい。

ドイツの大晦日は大騒ぎの日だ。本来ならカウントダウンで零時を待ち、新年とともに皆が打ち上げ花火に興じる。しかし、ライプツィヒでは、それを待ちきれず、多くの人がすでに花火を打ち上げていた。これまで住んでいたシュトゥットガルトでは、皆が律儀に零時を待つので、地方色の違いが面白かった。

ちなみにドイツでは、花火の販売は、1年のうち、12月29日から31日までのたった3日間しか許可されていない。その代わり、かなり危険なロケット花火も店頭に並び、それが飛ぶように売れる。毎年、花火由来の事故で、怪我人も出る。

家に帰って年越しそばをいただき、零時に外に出ると、花火は上がっていたものの、シュトゥットガルトのように夜空が一面に明るくなるほどの迫力はなかった。それでも、「ああ、2020年が始まったのだなあ」という感慨に浸り、しばらく空を見上げていた。




ちょうどその頃、我が家から南に5kmも離れていないConnewitz(コネヴィッツ)という地区で、極左の暴動が始まっていた。

これまで全く知らなかったのだが、ライプツィヒのコネヴィッツ地区は、ハンブルクのRote Flora(1989年に極左が占拠したまま、自治という名で今に至るまで極左グループの活動の中心となっている建物)や、ベルリンのRieger通り(1990年に極左が幾つかの建物を占拠し、それを立ち退かせようとした警察とのあいだで戦闘行為が繰り返されてきた通り)と並ぶ、戦闘的極左グループの牙城なのだそうだ。

コネヴィッツには危険人物としてマークされている極左が百人以上もいるといい、当然、暴力沙汰は多い。暮れにもパトカー3台が炎上したし、現在、この地域で進められようとしている住宅プロジェクトに反対する勢力が、夜中に建設機材に火をつけたり、関係者の自宅に押し入って乱暴を働いたりしているという。

■政治家とメディアの信じがたい反応




元旦の報道によると、大晦日の晩、ここに集結した約1000人の極左と愚連隊もどきが、零時15分ごろ、睨み合っていた警官隊に向かって石やガラス瓶を投げ、ロケット花火を打ち込み始めた。さらに、器物に火をかけたため、警官が介入。戦闘状態となった。

そのうち、暴徒を拘束しようとした数人の警官が、反対に2~30人に囲まれた。38歳の警官がヘルメットを奪われ、頭に傷を受け、倒れたあともなおも殴打され、意識不明となった。他の警官が駆けつけ、動かない警官を運んでいく様子が、すべてビデオに残っているという。

警察はその後の会見で、負傷した警官が「緊急手術」を受けたと報告した。片耳がちぎれかけ、ひどい出血だったという。他に数人の警官も負傷している。

ところが、この事件の後、左派の政治家が、こともあろうに警察を非難するコメントを出した。「警察による徹底包囲」、「通行人の有無を言わせぬ職務質問」、「(新年を祝う)イベントの場で、ヘルメットで武装した警官隊が好戦的な振る舞い」(いずれも左派党議員のコメント)など。

それどころか、SPD(社民党)の党首エスケン氏は、「警官隊の出動が妥当であったかどうか早急に調査するべき。もし、妥当でなければ、この事件の責任は州の内相(CDU・キリスト教民主同盟)にある」と述べた。断っておくが、SPDは極左の党ではなく、現ドイツの連立与党である。

さらに驚くべきことに、その途端、大手メディアまでが、警察が不必要に大掛かりな出動で左翼を挑発したのではないかとか、「緊急手術」は嘘だったとか、呆気にとられるほど極左びいきの報道を流した。右翼である警察が、極左を悪者にしようとしているのではないかと示唆した報道もあった。

私は兼ねてより、ドイツのメディアがいかに左に振れてしまっているかということを書いてきたが、此の期に及んで、警官憎悪や右翼憎悪はタガが外れてしまったと感じる。




一方、警察の記者会見はいつも通り遠慮がちで、「我々は12時まで堪えた」。怪我をした警官についても、「攻撃された」とか「怪我をさせられた」という表現は使わず、「激しい『影響(Einwirken)』により重篤な被害を受け、意識を失った」。しかも「緊急手術」を「手術」に訂正し、傷の内容については、医師の診断を待つとして言及を避けた。

しかし、このあと、あちこちから抗議の声が噴出した。いくら何でも、暴徒の肩を持ち過ぎだと、多くの人が感じたのだ。

SPD議員のガブリエル氏は、「警察の行動の是非よりも、犯罪者について議論すべきだ。政治とメディアと、もちろん警察と司法も一丸となって犯罪者を成敗しなければならない。遠くから、警察の作戦について狡猾な意見を述べるのではなく」とフェイスブックでコメント。名前こそ出さなかったが、党首エスケン氏に対する痛烈な批判であるのは確かだった。SPDは内部分裂がひどい。

FDP(自民党)の党首リントナー氏もエスケン氏を、「加害者と被害者を取り違えている」と非難。また、バイエルン州のヘルマン内相(CSU・キリスト教社会同盟)は左派党について、「暴動の罪を警察に押し付け、極左の愚連隊と連帯している」と批判した。

また、とくに激しい警察批判を展開したライプツィヒのSPDの議員イレーナ・ルドルフ−ココット氏は、同僚議員からの公開書簡で、すべての公職から退くように要請された。理由は、彼女の主張は「SPDだけでなく、社会全体を害する」から。

一方、事件当日、拘束され、今も留置場にいる極左4人は、それぞれ盛りだくさんの前科があるそうだ(他は皆、すでに釈放)。

警官に怪我を負わせた人物がその中にいるかどうかは、ビデオ鑑定の結果を待つそうだが、検察は、容疑者が確定し次第、殺人未遂で起訴するつもりだという。

■ドイツの左傾化はどこまで行くか

ドイツでは、4期目に入ったメルケル政権のとくに後半、政治とメディアの左傾化がトントンと進んだ。ドイツの右傾化を云々する声もあるが、それは、左翼の暴力を無視して、右翼の問題だけを取り上げている結果に過ぎないと感じる。

右翼のデモでは、シュプレヒコールさえ危険視され、もっと警官を増やすべきだという声が上がるが、左翼がデモで投石して警官に当たると、そんなところに立っていた警官が悪いとなる。

ライプツィヒに越してきて4ヵ月。未だにこの町に魅せられたままの私だが、これまでいたシュトゥットガルトに比べると、治安は確かに悪そうだ。2ヵ月ほど前も、中央駅前に警官が溢れていたので、何事かと思って近づいてみたら、駅舎の床が血の海になっていた。

しかし、ドイツでは、幸か不幸か、ただの殺人ではニュースにならない。いちいち報道していたら、他のニュースを流す時間がなくなるからだというが、おかげで、たいていの怖い事件は知らずに、平安に過ごせる。

末筆ながら、今年もドイツの新鮮なニュースをお届けできるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。


0 Comments :

Post a Comment :: Click!!

コメントを投稿

 ■Sponsored Link

韓国大統領 月山明博(李明博)の…天皇陛下への「不敬発言」
痛惜の念などという単語一つを言いに来るのなら、来る必要はない。
日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い。
重罪人にするように手足を縛って頭を足で踏んで地面に擦り付けて謝らせてやる。
重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話だ。
そんな馬鹿な話は通用しない。
それなら入国は許さないぞ。
偽左翼マスメディアの情報操作手法
手法 用例 手法 用例 手法 用例 手法 用例
連想の創出 愛国者に対して「軍靴の音が聞こえそうだ」などと揶揄し否定的な印象を与える… コメント 人々を一定の方向に誘導するために「事実とは異なる解釈」をコメントさせたり「社説」にする… プレゼンス効果 現場からの中継や縮小ジオラマなどで「臨場感」を演出し「やらせ」も交えて信用されやすくする… 分類表 一部の「ネット右翼」が批判しています…のように決まった単語・フレーズで事象を分類して極小化・極大化する…
撹乱 「第三極も含めて政党が乱立して訳が分かりません…」などと連日「情報ノイズ」で溢れさせ興味自体を失わせる… 癒着提案 TBS「安倍官房長官印象操作映像事件」のように「個別の事実」を「継ぎ接ぎ」して「誤った印象」を植え付ける… 匿名の権威 「信頼すべき消息筋によれば…」のように情報元を明かす必要がない事を逆手に取り記事の内容に権威を与える… 日常会話 お隣の「韓国」では…のように本来否定的な要素「韓国」を日常会話のように繰り返し心理的習熟効果で反応を麻痺させる…
感情共鳴 コンサートで開催場所の地名を大声で繰り返し叫ぶ…などのように「デモ」「集会」などで群集を理性ではなく感情レベルで反応させる… 歴史の書き換え 民主党の「天皇制廃止」「戸籍法廃止」「夫婦別姓」などの愛国心を低下させるための国家・民族全体に対する長期的な情報操作… 感情整列 この時間にご覧になっている貴方だけに限定100セットだけ…などと「一定のシチュエーション」を用意して群集の感情を「均一化」させる… 一次効果 「朝日新聞の従軍慰安婦捏造問題」「iPS細胞での読売新聞大誤報」など「最初に発信された情報」は嘘でも捏造でも信用されやすいという原理…
ブーメラン 坂本龍一・山本太郎などの著名人を使い原発管制報道に対する「自由の闘士」を作り出し国力を削るために「愛国者」を装った抗議運動を展開する… 心理的ショック 日本は豊かなのだと錯覚させ更に絞り取るために「飢餓」を伝え…日本は悪い事をしたと日本人を自虐的に思い込ませるために繰り返し「戦争」を伝えます… 半真実 「マニュフェストが実現出来なかったのは自民党の負の遺産のせいで民主党がダメだった訳ではない…」のように嘘の中に一面的な真実を織り込み全体を真実に見せる… フィードバック 「支持政党無しの無党派層は過去最高」という結果を得るために世論調査の回答項目に「民主党もダメだけど自民党もダメ」という項目を設定し全体の意見に偽装する…
すり替え 「傷害」を「いじめ」「窃盗」を「万引き」「殺人事件」を「交通事故」「テロリスト」を「レジスタンス」「略奪事件」を「抗議デモ」など受け入れ易い言葉に置き換える婉曲手法… 脅威の創出 尖閣購入時に「中国の脅威」は民主党政権以降に尖鋭化していたにもかかわらず恰も「都知事発言以降に尖鋭化した」かの如く捏造し民主党には他に選択肢は無かったと責任転嫁… 社会的同意 首相の靖国参拝に「外国」から激しい反発が起こっている…などと…特定アジアだけの意見を恰も世界全体が同意していると錯覚させる…「人権擁護法案」「外国人参政権」などもこの手法… 側面迂回 民主党の原発事故対応では線量などの周辺情報は正確に報じられ枝野幸男の「直ちに健康に影響を及ぼすものではない…」の嘘の信憑性を高めメルトダウン・風向きなどの核心部分は隠蔽された…
虚偽類似 「視聴率低迷は若者のテレビ離れのせい…」「CDが売れないのは違法ダウンロードのせい…」「紅白歌合戦に韓流スターが出演できないのは日本の右傾化のせい…」など都合の良い「原因と結果の因果関係」を作り出す… 事実確認 原発安全神話を作り出したのも公共事業にジャブジャブ税金をつぎ込んだのも自民党です…など…「一面的な事実」を先に述べ「事実確認」させ…自民党政権に逆もどりして良いんですか?…と未来を誤認・錯覚させる… 毒入りサンドウィッチ 「白川総裁が自民党の経済政策を批判」「安倍総裁の経済政策発言を市場が好感し円安に振れ株価は年初来の高値」「一方でハイパーインフレを懸念する声も」…のように序文と結論の否定的報道で肯定的な報道を挟み肯定的な報道の意義を低下させる… 砂糖入りサンドウィッチ 毒入りサンドウィッチの逆の手法…
  偽左翼マスメディアの情報操作手法
「jQuery」と「jQuery UI」で HTML に彩りを添えよう…

「導入」「Button」「Accordion」「Tabs」「Effects/Slide」
「Progressbar」「Dialog」「Tooltip」「Menu」 「Extra」 / 公式「Widgets」以外の「jQuery UI」スクリプト
Blogger Template Customize Universal / INDEX
Blogger テンプレート・カスタマイズ / 全般を解説
高速化・最適化対策の結果と備忘録
Scroll Top