from :: Asahikawa Hokkaido

passer-by198

primetime pencil

2019/02/03


Posted

【環境ビジネスの欺瞞】ドイツが目指す「脱原発」「脱石炭」は本当に実現可能か こんな無茶なエネルギー政策は他にない

 source : 2019.02.01 川口マーン惠美「シュトゥットガルト通信」 (クリックで開閉)





■ありえない目標

ドイツでは、温暖化のせいでまもなく地球が滅びるというシナリオが広まっていて、ほとんどパニックに近い。

温暖化の原因はCO2ということで、「CO2削減」が現代ドイツ教の教義。しかも、メディアと環境団体が煽りたてるので、国民のあいだでは石炭火力をすぐに止めろという声が日増しに高くなっている。

特に褐炭という質の悪い石炭の方は、CO2を多く排出するため、それを燃やしている電力会社は極悪人扱い。皆、「早く止めなければ手遅れになる!」と、かなりヒステリックだ。




昨年末からは、中学生や高校生までが、毎金曜日に学校をさぼって街に繰り出し、「自分たちの未来のために」とデモを始めた。無責任な大人への抗議だそうで、プラカードには「かけがえのない惑星を救え!」「もう我慢できない!」などと書いてある。

そして、巷のアンケートでは、大多数の国民がそういう子供たちの行動を「正しい」と評価。学校も黙認どころか、さぼってもいいという許可を出していたらしい。

ドイツの学校では、長年、原子力や火力を悪として教育してきたのだから、この成り行きは教育がもたらした果実である。デモをしている中学生や高校生も楽しそうだが、教師も誇らしいのではないか。

私ももちろんCO2削減に異存はないが、とはいえ、たかが人間の力で、地球の温度を下げるなどという大それたことが、はたしてできるものなのか?

さて、ドイツでは原発が2022年に止まる予定だ。つまり目下のところ、国家の目標は、「脱原発」+「脱石炭」。こう書くと、日本で羨ましがる人が出るかもしれないので、その必要はないということをこれから書きたい。ドイツだって、両方をやめるなど、実は至難の技なのである。

ところが、ドイツ政府は果敢にも、その至難の技を目指しており、去年は脱石炭の具体策を練るため、「石炭委員会」を招集した。委員会に課せられたのは、石炭火力を止めることで生じるさまざまな障害を想定し、国家経済の被害を最小限に留めるためには、いつ、何をどうすれば良いかという計画の策定。

審議は相当に手こずったらしいが、1月26日未明、ようやく大まかな脱石炭の青写真が発表された。それによれば、石炭火力は遅くとも2038年にはドイツから消える予定だ。

■電気代がさらに上がる

ちなみに、2011年、福島第1原発の事故のあと、脱原発の前倒しについて審議したのが、やはりドイツ政府が招集した「倫理委員会」だった。ところが「倫理委員会」のメンバーには、原発やエネルギーの専門家がおらず、その代わり、「倫理委員会」の面目躍如、神学者が入っていた。

その結果、結局、2022年までの完全脱原発が決まったのだが、7年半が過ぎた今、再エネ賦課金(電気代に乗っている再エネ経費)の負担が平均家庭で月2800円にも膨らんでいる。今やドイツの電気代は、1位だったデンマークに追いつき、まもなく追い越す予定だ。去年9月には、脱原発の経費が無駄に掛かりすぎているとして、連邦会計監査院が警告まで出した。

今回もそれと似たようなことが繰り返されている。石炭委員会31人のメンバーは、政治家、企業、労働組合の代表、研究者などからなるが、目立ったのがグリーンピース、BUND(ドイツでディーゼル車の走行禁止を訴えて勝利を収めている環境団体)、DNR(環境団体の連合組織)といった名うての環境保護団体の代表。また、研究者も再エネや環境畑の人が多かった。

環境保護団体の特徴は、一言でいうなら、経済上の見地を完全に無視することだ。

「石炭委員会」の試算では、脱石炭により電気代がさらに上がる。だから、そのままでは産業と国民の家計に負担がかかりすぎるので、大々的に補助を注ぎ込む。さらに、鉱山、発電所、関連企業閉鎖のあとの地域の荒廃を防ぐために、公共投資を増やし、産業の誘致をする。

中央官庁の移転なども検討されているというが、僻地に引っ越したがる省庁があるとは思えない。ババ抜きのようになるのではないか。

また、電力会社、ならびに事業を閉鎖する企業には賠償金も支払われる。自由資本主義の国では、企業の経営権を見返りなしに奪うことはできない。また、解雇される労働者にも、様々な補償がなされる。若い人には新たな職業訓練も用意される。

石炭委員会の正式名が「成長・構造変遷・雇用委員会」というのは、このように、諸々の大規模な構造改革が必要になるからだが、しかし、どんなに頑張っても、すべての失業者を吸収できるほどの構造改革がスムーズに進むとは考えにくい。

いずれにしても、炭鉱を閉鎖しなければならない3州には構造改革の費用として2040年までに400億ユーロ、その他、毎年、20億ユーロが補助されることになる。ただ、実はこれは氷山の一角。上限はまだ決まっていない。また、緊急の経費として、2021年までに15億ユーロの特別予算も組まれているという。

ただ残念なのは、これだけのお金をかけて脱石炭をしても、それが国家経済にも環境にも、あまり役立たないことだ。ドイツが節約したCO2の排出権は他国が安くで買い取れるし、電気代の高騰は経済を停滞させる可能性が高い。産業の空洞化が進む危険も無視できない。

■再エネで本当に大丈夫なのか

しかし、最大の問題はというと、実は別のところにある。石炭火力を全部閉鎖したあと、その代わりの電気をどうするかだ。石炭委員会の考えでは、再エネをさらに増やす計画らしいが、本当にそれで大丈夫なのか。




下の数字を見てほしい。ドイツの応用研究機関(欧州最大)のフラウンホーファー研究所の資料だ。

これは、先週1月24日午前9時のドイツ全体の電源別の発電状況(この他の電源として、石油やゴミなどもあるが、少量なので省略)。この時点での合計の発電量は7652万kW。

各発電量の横のカッコなしの数字は、全発電量に占める割合。たとえば、風力電気はこの時点で、ドイツ全体の発電量の3%を賄っている。さらに、その横のカッコ付きの数字は、それぞれの電源の全設備容量に照らし合わせた稼働率。風力はこのとき、風力全体の持つ発電容量の3.9%分しか発電していなかった(設備量は2018年の数字)。

・風力230万kW 3.0%(3.9%)
・太陽光98万kW 1.3%(2.2%)
・バイオマス506万kW 6.6%(65.5%)
・水力発電(揚水も含む)284万kW 10.8%(51.5%)
 [↑ここまでが再エネ]
・原子力948万kW 12.4%(99.6%)
・石炭と褐炭2567万kW 44.0%(56.6%)
・ガス1549万kW17% 20.2%(52.3%)

興味深いのは太陽光で、設備容量はすでに4555万kWもあるが、この時点での発電量は98万kWで、稼働率2.2%。ドイツの冬は太陽があまり照らないのでこういうことがしょっちゅう起こるが、このときは偶然、風も弱く、それを補うため、石炭、褐炭、ガスの稼働率が高くなっている。

ただ、反対に、お天気に恵まれて、膨大な数のパネルと風力タービンが一斉に稼働し、それが日曜日だったりすると、送電系が満杯で大変なことになる。

また、28日の17時は次の通りだ。合計の発電量が8292万kWで、

・風力2409万kW 29.0%(40.7%)
・太陽光10kW 0% (0.2%)
・バイオマス506万kW 8.3%(65.5%)
・揚水・水力335万kW 4.1%(60.9%)
・原子力920万kW 11.1%(96.6%)
・石炭と褐炭3176万kW 38.3%(70.0%)
・ガス917万kW 11.1%(30.9%)

このときは、太陽はゼロだが、風があるため、石炭、褐炭、ガスを絞って調整している。原子力はベースロード電源なので、黙々と24時間、95%以上の稼働率で動いている。

フラウンホーファー研究所のこのページ  は、現在の発電量がライブで見られ、とても面白いので、興味のある方は覗いてみてください。英語もあり。

つまり、これを見るとわかるように、真の問題は、100%近い稼働率で24時間動いている原発が、本当に2022年に無くなり、そのうえ火力も無くなれば、ドイツはどうやって電力を安定確保するのかということだ。

■なぜ神話ばかりが語られるのか

メディアと環境保護団体は、常に、再エネのバラ色バージョンを語るが、それには安価な蓄電技術が必要だ。

国営第2テレビは、このたびの脱石炭は歴史に残る素晴らしい決定だと礼賛し、局付きの環境専門家が出てきて、「緑のガスというものがあるのですよ。余った再エネ電気をガスに変えて保存して使う! 今のところ、ちょっと高いけれど、そういう方法もある」と希望に満ちた顔で、5年後ぐらいには実用化できるかのように語っていた。

しかし、本当は「ちょっと高い」どころか、大規模な実用化のメドなどまだ全然立っていない。




ドイツは現在、褐炭火力のせいでEUのCO2の排出国ワースト5となってしまっており、必死でそれを挽回するつもりだが、どうもそのために、見果てぬ夢を語り過ぎているように感じる。

そもそも、ドイツには地震も津波もないのだから、本当にCO2を減らしたければ、CO2を一切出さない原発を止めずに動かせば良いのだ。その方が、経済的にも環境にも絶対に良い。

ところが、ドイツが実際にやっていることは、大量のガス火力の新設だ(BDEWのホームページによれば、計画中のものも含めて22基)。再エネがあてにならないことは、メディアは言わなくても、関係者は皆、知っている。

つまり、原発と石炭火力を真に代替するのは、目下のところ、再エネではなくて、全面的にガスなのだ。ただ、ポジションはあくまでも、再エネのピンチヒッター。そして、その建設コストも、膨大な待機の保証費用も、結局は消費者の電気代に乗る。あまりにも無責任な政策に思える。

1月13日付のスイスの「ノイエ・チューリッヒ新聞」には、「ドイツのエネルギー転換におけるシステムの不条理」というタイトルの痛烈な批判も載った。

これを読みながら、確かに、ここまで理不尽で高価なエネルギー政策を進める国はドイツ以外にないと呆れたが、よく考えたら、残念ながら日本も同じだ。

ただ、こういう金に糸目をつけないエネルギー政策を強引に進められるのも、産業が機能していればこその話だ。しかし、このエネルギー政策ではおそらく景気は落ち込み、そのお金は捻出できなくなる。

なぜ、そういう当たり前のことを誰も言わず、神話ばかりが語られるのか。まことに不可解である。


0 Comments :

Post a Comment :: Click!!

コメントを投稿

 ■Sponsored Link

韓国大統領 月山明博(李明博)の…天皇陛下への「不敬発言」
痛惜の念などという単語一つを言いに来るのなら、来る必要はない。
日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い。
重罪人にするように手足を縛って頭を足で踏んで地面に擦り付けて謝らせてやる。
重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話だ。
そんな馬鹿な話は通用しない。
それなら入国は許さないぞ。
偽左翼マスメディアの情報操作手法
手法 用例 手法 用例 手法 用例 手法 用例
連想の創出 愛国者に対して「軍靴の音が聞こえそうだ」などと揶揄し否定的な印象を与える… コメント 人々を一定の方向に誘導するために「事実とは異なる解釈」をコメントさせたり「社説」にする… プレゼンス効果 現場からの中継や縮小ジオラマなどで「臨場感」を演出し「やらせ」も交えて信用されやすくする… 分類表 一部の「ネット右翼」が批判しています…のように決まった単語・フレーズで事象を分類して極小化・極大化する…
撹乱 「第三極も含めて政党が乱立して訳が分かりません…」などと連日「情報ノイズ」で溢れさせ興味自体を失わせる… 癒着提案 TBS「安倍官房長官印象操作映像事件」のように「個別の事実」を「継ぎ接ぎ」して「誤った印象」を植え付ける… 匿名の権威 「信頼すべき消息筋によれば…」のように情報元を明かす必要がない事を逆手に取り記事の内容に権威を与える… 日常会話 お隣の「韓国」では…のように本来否定的な要素「韓国」を日常会話のように繰り返し心理的習熟効果で反応を麻痺させる…
感情共鳴 コンサートで開催場所の地名を大声で繰り返し叫ぶ…などのように「デモ」「集会」などで群集を理性ではなく感情レベルで反応させる… 歴史の書き換え 民主党の「天皇制廃止」「戸籍法廃止」「夫婦別姓」などの愛国心を低下させるための国家・民族全体に対する長期的な情報操作… 感情整列 この時間にご覧になっている貴方だけに限定100セットだけ…などと「一定のシチュエーション」を用意して群集の感情を「均一化」させる… 一次効果 「朝日新聞の従軍慰安婦捏造問題」「iPS細胞での読売新聞大誤報」など「最初に発信された情報」は嘘でも捏造でも信用されやすいという原理…
ブーメラン 坂本龍一・山本太郎などの著名人を使い原発管制報道に対する「自由の闘士」を作り出し国力を削るために「愛国者」を装った抗議運動を展開する… 心理的ショック 日本は豊かなのだと錯覚させ更に絞り取るために「飢餓」を伝え…日本は悪い事をしたと日本人を自虐的に思い込ませるために繰り返し「戦争」を伝えます… 半真実 「マニュフェストが実現出来なかったのは自民党の負の遺産のせいで民主党がダメだった訳ではない…」のように嘘の中に一面的な真実を織り込み全体を真実に見せる… フィードバック 「支持政党無しの無党派層は過去最高」という結果を得るために世論調査の回答項目に「民主党もダメだけど自民党もダメ」という項目を設定し全体の意見に偽装する…
すり替え 「傷害」を「いじめ」「窃盗」を「万引き」「殺人事件」を「交通事故」「テロリスト」を「レジスタンス」「略奪事件」を「抗議デモ」など受け入れ易い言葉に置き換える婉曲手法… 脅威の創出 尖閣購入時に「中国の脅威」は民主党政権以降に尖鋭化していたにもかかわらず恰も「都知事発言以降に尖鋭化した」かの如く捏造し民主党には他に選択肢は無かったと責任転嫁… 社会的同意 首相の靖国参拝に「外国」から激しい反発が起こっている…などと…特定アジアだけの意見を恰も世界全体が同意していると錯覚させる…「人権擁護法案」「外国人参政権」などもこの手法… 側面迂回 民主党の原発事故対応では線量などの周辺情報は正確に報じられ枝野幸男の「直ちに健康に影響を及ぼすものではない…」の嘘の信憑性を高めメルトダウン・風向きなどの核心部分は隠蔽された…
虚偽類似 「視聴率低迷は若者のテレビ離れのせい…」「CDが売れないのは違法ダウンロードのせい…」「紅白歌合戦に韓流スターが出演できないのは日本の右傾化のせい…」など都合の良い「原因と結果の因果関係」を作り出す… 事実確認 原発安全神話を作り出したのも公共事業にジャブジャブ税金をつぎ込んだのも自民党です…など…「一面的な事実」を先に述べ「事実確認」させ…自民党政権に逆もどりして良いんですか?…と未来を誤認・錯覚させる… 毒入りサンドウィッチ 「白川総裁が自民党の経済政策を批判」「安倍総裁の経済政策発言を市場が好感し円安に振れ株価は年初来の高値」「一方でハイパーインフレを懸念する声も」…のように序文と結論の否定的報道で肯定的な報道を挟み肯定的な報道の意義を低下させる… 砂糖入りサンドウィッチ 毒入りサンドウィッチの逆の手法…
  偽左翼マスメディアの情報操作手法
「jQuery」と「jQuery UI」で HTML に彩りを添えよう…

「導入」「Button」「Accordion」「Tabs」「Effects/Slide」
「Progressbar」「Dialog」「Tooltip」「Menu」 「Extra」 / 公式「Widgets」以外の「jQuery UI」スクリプト
Blogger Template Customize Universal / INDEX
Blogger テンプレート・カスタマイズ / 全般を解説
高速化・最適化対策の結果と備忘録
Scroll Top