from :: Asahikawa Hokkaido

passer-by198

primetime pencil

2018/10/07


Posted

レントゲンは平気なのに食品照射は禁止する「不思議の国ニッポン」 ノーベル賞受賞者輩出国なのになぜ…?

 source : 2018.10.05 川口マーン惠美「シュトゥットガルト通信」 (クリックで開閉)





■ドイツ人の科学嫌い

これまでのノーベル化学賞の受賞者が一番多いのはアメリカで、2位はドイツ。物理学、生理学・医学の分野でも、ドイツはアメリカ、イギリスに次いで第3位。間違いなく、自然科学に秀でた国といえる。

なのに、不思議なことに、ドイツ人には科学に対する拒絶反応がある。たとえば、先進医学に対して。

30余年前、ドイツのヘッセン州の薬品会社ヘキスト社が、遺伝子組み換えで作ったインスリンの製造を申請した。ヘキスト社というのは、1863年に創立された世界有数の総合化学コンツェルンだ。

インスリンは、糖尿病の治療に欠かせないホルモンで、それまでは豚と牛の膵臓から抽出されていた。ただ、取れる量が少なく、1人の糖尿病患者が1年間に使用するインスリンを作るには70頭の豚が必要だったという。

当時、糖尿病の患者数は増加を辿っており、つまり、将来の危機的な状況が危惧されていた。それを救ったのが1970年代の遺伝子工学の進歩だ。遺伝子組み換えによるヒトインスリンが、激しい競争の末に完成し、製品として発売されることになった(糖尿病専門新聞『DITN』参照)。

そこで当然、ヘキスト社も参入しようとしたのだが、間の悪いことに、当時のヘッセン州の環境大臣は緑の党だった。彼は、「遺伝子組み換え」という言葉に激しく反応し、結局、ドイツのヒトインスリン製造は、他国に遅れをとること14年。

ドイツの糖尿病患者は止むを得ず、動物由来のインスリンを使い続けたが、動物由来のインスリンはしばしば拒絶反応を引き起こす。それが原因のいろいろな副作用も起きる。失明もその一つだった。

ドイツの糖尿患者がそんな茨の道を歩いていた頃、ドイツの化学企業の国外脱出が始まった。ヘキスト社もフランス企業と合併してフランスに移った。そしてその後も、合併や買収を繰り返すうち、2005年、この伝統的企業はついに消滅。張り切りすぎるドイツ環境派は、ときに自国の科学や企業の発展を妨害する。

ドイツでは、自然は絶対善で、科学は絶対悪だと思っている人が、特にインテリ層に多いようだ。子供に三種混合の予防接種を受けさせないのも、ほぼインテリの親に限られている。しかも、昨今、これまで予防接種とは無縁だった難民が多く入ってきているので、それもあって、ドイツでは麻疹の患者が増えている。

突発的に患者が出ても、それが大きな流行にならないためには、全体の95%の人間が予防接種を受けている必要がある(WHOの資料)そうだが、ドイツはそのリミットを切っている。麻疹は、まだ世界で年間14万人の人が亡くなる怖い病気だ。本当なら、予防接種は義務にしたほうがよい。

予防接種を拒否している人たちは、予防接種によって他の疾病が誘発される可能性などを挙げるが、実際にそれが起こる確率は、100万分の1よりもまだ少ない。それに比べて、麻疹にかかってしまうと、1000人に1人は死亡するというから、予防接種「悪玉論」は、はっきりいって破綻している。拒否の真の理由は、人工的なものに対する嫌悪だろう。

■日本人の論理破綻

ただ、そのドイツにも増して論理破綻の甚だしいのが、悲しいかな、日本だ。

世界の多くの国では、ここ40年来、食品の安全のためにガンマ線やX線などで食品照射を行っている。これは、コーデックス委員会(消費者の健康の保護、食品の公正な貿易の確保などを目的として、1963年に設置された国際機関)が安全を保障している技術で、現在、50ヵ国以上の国で採用されている。

殺菌、芽止め、あるいは青果の鮮度を保つのに効果的だが、だからといって食品が放射能で汚染されるわけではない。レントゲン検査でX線を浴びても、人体にX線が残らないのと同じだ。

原子力嫌いのドイツにおいてさえ、食品照射は問題にならない。「消費者保護と食品安全のための連邦庁」という役所のホームページには「食品照射」という項があり、冒頭に、「食品の腐敗を防止したり、健康に有害な微生物を殺したりするため、果物、野菜、穀物、肉、魚を照射することができる」と明記されている。

実際、これにより、ジャガイモやタマネギやニンニクの芽止めだけでなく、ドライフルーツや香辛料のバクテリア類の滅菌もできる。その他、穀物やナッツ類に潜む虫を殺したり、果物の熟れる速度を遅めることもできる。EUでは、イチゴなど日持ちの悪い果物の照射は一般的だ。そうすれば農薬も減る。農薬が減れば、水や土壌の汚染も防げる。

また、アメリカでも、生肉の照射でバイ菌を殺すので、たとえ、少々ハンバーグが生焼けでも、食中毒が起こりにくい。特に、免疫の低下した病人の食事では、過熱による品質の低下なしに殺菌できるため、食品照射は重宝されているという。

ところが日本では、ジャガイモの芽止めを除いて、食品照射は禁止されたままだ。だから、輸入食品が照射されていることがわかれば、すべて廃棄処分。日本人は生ものを食べることが多いから、毎年、あちこちで不幸な食中毒が起こる。照射で防げる食中毒は多いのではないか。

また、最近増えている高級果実の輸出でも、照射ができれば、品質を落とさず日もちさせ、無駄なく出荷できるようになる。

食品照射については、いずれ改めて詳しく書きたいが、政府は、世界で一般的に行われていることを日本で禁止する場合は、是非、その理由をちゃんと示してほしい。禁止措置が本当に環境保護、経済発展、そして日本人の健康や幸福に資するなら、誰も文句は言わないはずだ。

コーデックス委員会が認めている食品照射の規定では、食品への影響は測定できないほど小さい。しかし、日本ではそれを禁止しておきながら、放射線医療には、誰も何も言わない。それどころか、世界のCTスキャンの機械の3分の1が日本にあるというから、まことに腑に落ちない。

日本人の科学忌避は、すでにドイツの上を行っているかもしれない。今回の本庶佑氏のノーベル賞医学生理学賞受賞の快挙とのアンバランスが、あまりにも激しすぎる。


0 Comments :

Post a Comment :: Click!!

コメントを投稿

 ■Sponsored Link

韓国大統領 月山明博(李明博)の…天皇陛下への「不敬発言」
痛惜の念などという単語一つを言いに来るのなら、来る必要はない。
日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い。
重罪人にするように手足を縛って頭を足で踏んで地面に擦り付けて謝らせてやる。
重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話だ。
そんな馬鹿な話は通用しない。
それなら入国は許さないぞ。
偽左翼マスメディアの情報操作手法
手法 用例 手法 用例 手法 用例 手法 用例
連想の創出 愛国者に対して「軍靴の音が聞こえそうだ」などと揶揄し否定的な印象を与える… コメント 人々を一定の方向に誘導するために「事実とは異なる解釈」をコメントさせたり「社説」にする… プレゼンス効果 現場からの中継や縮小ジオラマなどで「臨場感」を演出し「やらせ」も交えて信用されやすくする… 分類表 一部の「ネット右翼」が批判しています…のように決まった単語・フレーズで事象を分類して極小化・極大化する…
撹乱 「第三極も含めて政党が乱立して訳が分かりません…」などと連日「情報ノイズ」で溢れさせ興味自体を失わせる… 癒着提案 TBS「安倍官房長官印象操作映像事件」のように「個別の事実」を「継ぎ接ぎ」して「誤った印象」を植え付ける… 匿名の権威 「信頼すべき消息筋によれば…」のように情報元を明かす必要がない事を逆手に取り記事の内容に権威を与える… 日常会話 お隣の「韓国」では…のように本来否定的な要素「韓国」を日常会話のように繰り返し心理的習熟効果で反応を麻痺させる…
感情共鳴 コンサートで開催場所の地名を大声で繰り返し叫ぶ…などのように「デモ」「集会」などで群集を理性ではなく感情レベルで反応させる… 歴史の書き換え 民主党の「天皇制廃止」「戸籍法廃止」「夫婦別姓」などの愛国心を低下させるための国家・民族全体に対する長期的な情報操作… 感情整列 この時間にご覧になっている貴方だけに限定100セットだけ…などと「一定のシチュエーション」を用意して群集の感情を「均一化」させる… 一次効果 「朝日新聞の従軍慰安婦捏造問題」「iPS細胞での読売新聞大誤報」など「最初に発信された情報」は嘘でも捏造でも信用されやすいという原理…
ブーメラン 坂本龍一・山本太郎などの著名人を使い原発管制報道に対する「自由の闘士」を作り出し国力を削るために「愛国者」を装った抗議運動を展開する… 心理的ショック 日本は豊かなのだと錯覚させ更に絞り取るために「飢餓」を伝え…日本は悪い事をしたと日本人を自虐的に思い込ませるために繰り返し「戦争」を伝えます… 半真実 「マニュフェストが実現出来なかったのは自民党の負の遺産のせいで民主党がダメだった訳ではない…」のように嘘の中に一面的な真実を織り込み全体を真実に見せる… フィードバック 「支持政党無しの無党派層は過去最高」という結果を得るために世論調査の回答項目に「民主党もダメだけど自民党もダメ」という項目を設定し全体の意見に偽装する…
すり替え 「傷害」を「いじめ」「窃盗」を「万引き」「殺人事件」を「交通事故」「テロリスト」を「レジスタンス」「略奪事件」を「抗議デモ」など受け入れ易い言葉に置き換える婉曲手法… 脅威の創出 尖閣購入時に「中国の脅威」は民主党政権以降に尖鋭化していたにもかかわらず恰も「都知事発言以降に尖鋭化した」かの如く捏造し民主党には他に選択肢は無かったと責任転嫁… 社会的同意 首相の靖国参拝に「外国」から激しい反発が起こっている…などと…特定アジアだけの意見を恰も世界全体が同意していると錯覚させる…「人権擁護法案」「外国人参政権」などもこの手法… 側面迂回 民主党の原発事故対応では線量などの周辺情報は正確に報じられ枝野幸男の「直ちに健康に影響を及ぼすものではない…」の嘘の信憑性を高めメルトダウン・風向きなどの核心部分は隠蔽された…
虚偽類似 「視聴率低迷は若者のテレビ離れのせい…」「CDが売れないのは違法ダウンロードのせい…」「紅白歌合戦に韓流スターが出演できないのは日本の右傾化のせい…」など都合の良い「原因と結果の因果関係」を作り出す… 事実確認 原発安全神話を作り出したのも公共事業にジャブジャブ税金をつぎ込んだのも自民党です…など…「一面的な事実」を先に述べ「事実確認」させ…自民党政権に逆もどりして良いんですか?…と未来を誤認・錯覚させる… 毒入りサンドウィッチ 「白川総裁が自民党の経済政策を批判」「安倍総裁の経済政策発言を市場が好感し円安に振れ株価は年初来の高値」「一方でハイパーインフレを懸念する声も」…のように序文と結論の否定的報道で肯定的な報道を挟み肯定的な報道の意義を低下させる… 砂糖入りサンドウィッチ 毒入りサンドウィッチの逆の手法…
  偽左翼マスメディアの情報操作手法
「jQuery」と「jQuery UI」で HTML に彩りを添えよう…

「導入」「Button」「Accordion」「Tabs」「Effects/Slide」
「Progressbar」「Dialog」「Tooltip」「Menu」 「Extra」 / 公式「Widgets」以外の「jQuery UI」スクリプト
Blogger Template Customize Universal / INDEX
Blogger テンプレート・カスタマイズ / 全般を解説
高速化・最適化対策の結果と備忘録
Scroll Top