from :: Asahikawa Hokkaido

passer-by198

primetime pencil

2017/11/11


Posted

【環境ビジネスの欺瞞】「CO2が原因で南の島が沈む」そんな報道にドイツから思う違和感 気候変動会議開催とともに思うこと

 source : 2017.11.10 川口マーン惠美「シュトゥットガルト通信」 (クリックで開閉)





■パリ協定から抜けようが、抜けまいが…

11月6日、ドイツのボンで23回目の気候変動会議、COP23が始まった。期間は12日間。

ボンは東西ドイツ統一の前は西ドイツの首都だったが、こぢんまりした町なので、「首都」ではなく、「首村」といわれていた。そこに今、世界中から3万人もの人間が来ている。NGOだけでも500グループ、ジャーナリストが1000人以上。ボンはおそらくかなりごった返しているはずだ。

今年のCOPは、南太平洋に浮かぶ島国、フィジー共和国が、ドイツと並んでCOPの開催国となっている。なぜかというと、この島がもうすぐ海に沈むかもしれないからだそうだ。




フィジーが沈むのを止めるためには、石炭、とくに褐炭の火力発電所を即刻止めろ!というのが、環境保護活動家たちの主張だ。その運動に、昨今はプロテスタント教会までが加わっている。ドイツの教会は、このごろ何だか政党のようになってきた。

COP開催前の11月4日、何千人もの活動家がボンで石炭火力反対のデモをした。そのうちの100人近くは、ハンバッハという褐炭の露天掘りをしている敷地に不法侵入。ドイツが発電に未だに褐炭(品質が劣るためCO2を多く排出する)を使っていることに対する抗議だ。

もちろん警察が止めたが、なぜかドイツでは、その違法行為があたかも正義のように報道される。右翼が他人の会社の敷地に忍び込んで暴力を働けば、極右と言われて吊るし上げを食うだろうに、左翼の場合はあくまでも「活動家の勇み足」で済むのが不思議といえば不思議。




一方、ボンのデモの方も派手なパフォーマンスが満載だった。地球儀の模型の上に乗っているのは、煤で顔が真っ黒になったメルケル首相のお人形。現在、ドイツの発電の燃料は、石炭と褐炭が45%で最大のポジションを占める。

その他、煙がもくもくと吹き出す松明を掲げた自由の女神。これはもちろん、去年のCOPで決まったパリ協定から降りようとしているアメリカへの批判。また、「Trump: Climate Genocide(トランプ: 気候ジェノサイド)」というプラカードもあった。ジェノサイドとは、ドイツのホロコーストのような、一民族を滅ぼすほどの大量殺戮の意味だ。いくら何でもおかしくないか?

パリ協定から抜けようが、抜けまいが、アメリカのCO2の排出量がこれから劇的に増えることは考えにくい。しかし、途上国の場合は規制が緩く定められているため、CO2を増やしても目標値は守れる。

たとえば、世界で一番大気汚染のひどい都市を抱えるインドは、将来まだ火力発電所を現在の2倍に増やせるし、世界第2の経済大国である中国も、途上国扱いなので、2030年まではCO2を増やしても違反にならない。

なのに、ドイツの第一テレビでは5日、「トランプは気候に関しては、シリアの独裁者アサド大統領と、不倶戴天の敵ニカラグアとともに、情けない三頭政治を形成している」と言う。確かに現在、内戦でそれどころではないシリアと、反米で有名なニカラグアはパリ協定に参加していないが、後者が不参加の理由は、より厳しい環境規制を求めているからだとか。

ちなみに、先進国で目標値達成が困難になっている国は、原発をほぼ止めている日本と、これから全部止めようとしているドイツだ。

■フィジーの島々は沈みつつあるのか

さて、COPがお祭りのようになって、すでに久しい。その原因は背後で莫大なお金が動くからだ。しかも、決めたことに拘束力はないから、かなり気楽。

資金源の一つである国際基金「グリーン気候基金」の理事国は、12人が先進国、あとの12人は小島嶼国と発展途上国。資金の拠出国としては、アメリカ(30億ドル)、日本(15億ドル)を筆頭に、イギリス(12億ドル)、フランスとドイツ(10億ドル)、スウェーデン(5.8億ドル)となり、この6国ですでに8割以上を負担している(2017年12月時点)。

集まったお金の半分が途上国の温暖化対策支援に、もう半分は水没の危機にある島嶼国や異常気象に悩まされる途上国に回される。そればかりか、国連はさらに同基金を通じて、2020年までに先進国から途上国へ毎年1000億ドルの資金を支援する目標を掲げている。

こうなると、COPとは節分の日の境内のようなものだ。先進国がまいた豆を途上国が嬉々として奪い合う。ただ、節分と違うのは、そのお金が誰の懐に入るのかがよくわからない。そして、それを、後でどこの国のどの企業が吸い上げるのかも不明だ。




5日、会場の前で腰蓑をつけて踊っていた何十人もの浅黒く、逞しいフィジーのダンサーたちは、6日の開会式でも華々しいパフォーマンスを繰り広げた。額には黒い文様が描かれ、手には葉っぱで作った大きな団扇のようなのを持っている。

皆、生き生きと楽しそうだ。そして、フィジーの大統領が祖国の窮状を訴える。「世界が、現代の最大の挑戦に対して決然と行動しなければ、私たちの知っている太平洋は無くなってしまうだろう」と。




南ドイツ新聞は書く。「多くの島はもう無くなってしまった」と。「一部の人々は、朝起きると、くるぶしまで水に浸かっている」というキャプションで、水浸しの場所でポツンと立っている人の写真が出ている。

オノ島の写真だそうだ。「だから、村全員が移住しなくてはいけない」。

実は、こういうニュースは数年前から常にあった。素直な私はそれを読み、なんと気の毒なことかと心を痛めた。

しかし、ふと気づく。この写真は何かおかしい。まるで台風の後のようだ。朝起きてくるぶしまで水? そもそも、国が沈みつつあるというのに、ドイツや日本の旅行社が何も気づいていないのも変だ。

フィジーの島々へのツアーはたくさんある。「自然がいっぱい!」「憧れの南国、フィジー」「離島発着のフェリーの玄関口で、ショッピングやおしゃれなレストランが人気の観光スポット」etc.

ドイツのページを見ても、「お子様連れの家族旅行にもおすすめ」だとか。

■気候変動は“金のロバ”

ネットで検索しているうちに、興味深いページを見つけた。著者は、太平洋の“最も早く沈む国”といわれる「ツバル」について、現地在住の日本人の情報を伝えている。

その内容をかいつまんで言えば、ツバル近海の海面は、毎年平均2mm程度しか上昇していないという。

ただ、強風による高潮被害が発生するので、よく洪水になる。海岸の侵食が進んでいるのは事実だが、それは、湖の埋め立てのために土砂を取ったこと、あるいは、サンゴ礁掘削工事などが主な原因であると考えられる。また、観光客向けの強引な土地開発が、地盤沈下を引き起こしているともいう。

フィジーも似たようなものなのだろうか?

ドイツには、「南洋の政治家たちは、とっくの昔に“気候変動”が“金のロバ”であることに気づいた」と書くサイトもある。金のロバとは、グリム童話に出てくるロバで、「ブリックレブリット!」と言うと、口とお尻からどんどん金貨を出す。そういう意味では、ドイツも日本も優秀な金のロバだ。

一方、アメリカは最近、ロバを辞めたがっている。吐き出したお金が本当に困っている人の役に立っておらず、また自国の企業にも十分に還元できていないことに気づいているからだろう。

何を信じるかは個人の自由だが、私は今では、CO2が原因で南洋の島が沈んでいくという話だけは、丸ごとは信じなくなっている。


0 Comments :

Post a Comment :: Click!!

コメントを投稿

 ■Sponsored Link

韓国大統領 月山明博(李明博)の…天皇陛下への「不敬発言」
痛惜の念などという単語一つを言いに来るのなら、来る必要はない。
日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い。
重罪人にするように手足を縛って頭を足で踏んで地面に擦り付けて謝らせてやる。
重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話だ。
そんな馬鹿な話は通用しない。
それなら入国は許さないぞ。
偽左翼マスメディアの情報操作手法
手法 用例 手法 用例 手法 用例 手法 用例
連想の創出 愛国者に対して「軍靴の音が聞こえそうだ」などと揶揄し否定的な印象を与える… コメント 人々を一定の方向に誘導するために「事実とは異なる解釈」をコメントさせたり「社説」にする… プレゼンス効果 現場からの中継や縮小ジオラマなどで「臨場感」を演出し「やらせ」も交えて信用されやすくする… 分類表 一部の「ネット右翼」が批判しています…のように決まった単語・フレーズで事象を分類して極小化・極大化する…
撹乱 「第三極も含めて政党が乱立して訳が分かりません…」などと連日「情報ノイズ」で溢れさせ興味自体を失わせる… 癒着提案 TBS「安倍官房長官印象操作映像事件」のように「個別の事実」を「継ぎ接ぎ」して「誤った印象」を植え付ける… 匿名の権威 「信頼すべき消息筋によれば…」のように情報元を明かす必要がない事を逆手に取り記事の内容に権威を与える… 日常会話 お隣の「韓国」では…のように本来否定的な要素「韓国」を日常会話のように繰り返し心理的習熟効果で反応を麻痺させる…
感情共鳴 コンサートで開催場所の地名を大声で繰り返し叫ぶ…などのように「デモ」「集会」などで群集を理性ではなく感情レベルで反応させる… 歴史の書き換え 民主党の「天皇制廃止」「戸籍法廃止」「夫婦別姓」などの愛国心を低下させるための国家・民族全体に対する長期的な情報操作… 感情整列 この時間にご覧になっている貴方だけに限定100セットだけ…などと「一定のシチュエーション」を用意して群集の感情を「均一化」させる… 一次効果 「朝日新聞の従軍慰安婦捏造問題」「iPS細胞での読売新聞大誤報」など「最初に発信された情報」は嘘でも捏造でも信用されやすいという原理…
ブーメラン 坂本龍一・山本太郎などの著名人を使い原発管制報道に対する「自由の闘士」を作り出し国力を削るために「愛国者」を装った抗議運動を展開する… 心理的ショック 日本は豊かなのだと錯覚させ更に絞り取るために「飢餓」を伝え…日本は悪い事をしたと日本人を自虐的に思い込ませるために繰り返し「戦争」を伝えます… 半真実 「マニュフェストが実現出来なかったのは自民党の負の遺産のせいで民主党がダメだった訳ではない…」のように嘘の中に一面的な真実を織り込み全体を真実に見せる… フィードバック 「支持政党無しの無党派層は過去最高」という結果を得るために世論調査の回答項目に「民主党もダメだけど自民党もダメ」という項目を設定し全体の意見に偽装する…
すり替え 「傷害」を「いじめ」「窃盗」を「万引き」「殺人事件」を「交通事故」「テロリスト」を「レジスタンス」「略奪事件」を「抗議デモ」など受け入れ易い言葉に置き換える婉曲手法… 脅威の創出 尖閣購入時に「中国の脅威」は民主党政権以降に尖鋭化していたにもかかわらず恰も「都知事発言以降に尖鋭化した」かの如く捏造し民主党には他に選択肢は無かったと責任転嫁… 社会的同意 首相の靖国参拝に「外国」から激しい反発が起こっている…などと…特定アジアだけの意見を恰も世界全体が同意していると錯覚させる…「人権擁護法案」「外国人参政権」などもこの手法… 側面迂回 民主党の原発事故対応では線量などの周辺情報は正確に報じられ枝野幸男の「直ちに健康に影響を及ぼすものではない…」の嘘の信憑性を高めメルトダウン・風向きなどの核心部分は隠蔽された…
虚偽類似 「視聴率低迷は若者のテレビ離れのせい…」「CDが売れないのは違法ダウンロードのせい…」「紅白歌合戦に韓流スターが出演できないのは日本の右傾化のせい…」など都合の良い「原因と結果の因果関係」を作り出す… 事実確認 原発安全神話を作り出したのも公共事業にジャブジャブ税金をつぎ込んだのも自民党です…など…「一面的な事実」を先に述べ「事実確認」させ…自民党政権に逆もどりして良いんですか?…と未来を誤認・錯覚させる… 毒入りサンドウィッチ 「白川総裁が自民党の経済政策を批判」「安倍総裁の経済政策発言を市場が好感し円安に振れ株価は年初来の高値」「一方でハイパーインフレを懸念する声も」…のように序文と結論の否定的報道で肯定的な報道を挟み肯定的な報道の意義を低下させる… 砂糖入りサンドウィッチ 毒入りサンドウィッチの逆の手法…
  偽左翼マスメディアの情報操作手法
偽左翼マスメディアが日本人には絶対に伝えない真実
■イラクでの自衛隊に対する前代未聞の「感謝デモ」
(サムネイル画像のクリックで動画がポップアップ)

当時自衛隊叩きに躍起になってたメディアの
捏造・隠蔽から目覚めよう
誇りある日本の再生のために
「jQuery」と「jQuery UI」で HTML に彩りを添えよう…

「導入」「Button」「Accordion」「Tabs」「Effects/Slide」
「Progressbar」「Dialog」「Tooltip」「Menu」 「Extra」 / 公式「Widgets」以外の「jQuery UI」スクリプト
Blogger Template Customize Universal / INDEX
Blogger テンプレート・カスタマイズ / 全般を解説
高速化・最適化対策の結果と備忘録
Scroll Top