from :: Asahikawa Hokkaido

passer-by198

primetime pencil

2017/03/30


Posted

【難民政策の欺瞞】ドイツとトルコの罵り合いが、欧州に「最悪の結末」をもたらす可能性 また一つ、世界に新たな火種が出現した

 source : 2017.03.24 川口マーン惠美「シュトゥットガルト通信」 (クリックで開閉)






■メルケル氏をナチ呼ばわり

ここ1ヵ月、トルコがEUを相手に大暴れだ。とくに、ドイツとオランダの対トルコ関係が急激に悪化している。つい最近まで、毎日、トランプ氏の動向を非難がましく報道することに明け暮れていたドイツメディアも、今ではトルコ非難ばかり。

この騒動には、315日に実施されたオランダ総選挙と、416日に予定されているトルコの国民投票が深く関係している(いた)のだが、日本ではそこらへんがほとんど報道されない。

オランダの総選挙の結果はというと、極右だとか、ポピュリストだとか言われているヴィルダー氏(PVV・自由党)が負けて、現与党のルッテ氏(VVD・自由民主国民党)が再び第一党になった。メディアはこの選挙結果を寿ぎ、ヨーロッパの理性の証明などと言っているが、そんな単純なものではないだろう。

ルッテ氏が、迫り来る右派ヴィルダー氏の追い上げを辛くも振り切れたのは、選挙戦最後のギリギリになって、まさにそのヴィルダー氏の主張であった反移民政策を、巧妙に横取りしたからとも言えるのだ。

一方ドイツ政府も、これまでは、トルコ政府が自分たちに浴びせてくる火の粉は、大人の対応で乗り切ろうとしてきたが、ここに至って方針を変えたようだ。

トルコのエルドアン大統領が、メルケル氏をナチ呼ばわりしたことに対し、320日、ドイツ政府は強く抗議をし始めた。すると、21日、エルドアン氏が「ヨーロッパは第二次世界大戦直前のファシズム台頭と同じ状況」とさらにダメ押し。

22日、新ドイツ大統領、シュタインマイヤー氏が、就任スピーチでトルコに民主主義を要求するという異常事態。まさに泥仕合になっている(大統領は、本来は“政治的”であってはならない)。

■トルコの政治家は登壇禁止!

さて、この1ヵ月あまり、オランダとドイツで何が起こっていたのか。それをざっと時系列でおさらいしてみたい。

217日、トルコ系ドイツ人のジャーナリスト、デニス・ユジェルが、トルコ警察により拘束された。ドイツ国籍のジャーナリストがトルコで拘束されたのは、今回が初めてという。

ユジェル氏はドイツの大手紙“Die Welt”でトルコ批判記事を書いていた記者だ。“独裁者エルドアン"に立ち向かう勇気あるジャーナリストとして人気があった。当然のことながら、トルコ政府にとっては目の上のたんこぶ。特に、トルコでは禁止団体であるPKK(クルド人の政党)にインタビューをしたり、去年7月の軍のクーデターについてのトルコ政府の見解に疑問を呈したりと、トルコ政府の神経を逆撫でするようなことばかり書くので、腹に据えかねていた。

今回の拘束の直接のきっかけは、ユジェル氏が「レッドハック」というトルコのハッカーグループから入手した材料を使ったこと。「レッドハック」というのは、ウィキリークスのトルコ版のようなグループで、トルコではもちろん違法。テロリスト組織の扱いだ。

またトルコ政府は、ユジェル氏が1ヵ月もの間、イスタンブールにあるドイツ大使館の別館の敷地内に匿われていたことを指摘した。つまり今、ユジェル氏には、スパイ容疑や、テロの宣伝活動の容疑が掛けられている。

一方ドイツ側は、ユジェル氏の拘束は民主主義や言論の自由に対する冒涜であるとして抗議し、釈放を要求しているが、不思議なことに、ユジェル氏をドイツ当局が匿っていたという話にはほとんど触れない。いずれにしても、ユジェル氏は今もイスタンブールの刑務所にいる。

32日、バーデン−ヴュルテンベルク州の小さな町で開かれるはずだったトルコ人の政治集会で、トルコの法相の登壇にストップがかかった。トルコの法相がドイツで何をするつもりだったかというと、4月のトルコ国民投票への投票呼びかけだ。在外トルコ人たちにも参政権がある。それどころか、トルコの有権者の5%は海外に住んでいるという。

これまでドイツは、外国人に対しても、集会の自由や政治活動を認めてきた。ドイツにはトルコ系が300万人もいる。うちトルコでの有権者が140万人。ドイツはトルコの政治家にとっては重要な地盤だ。

そんなわけで、選挙前にトルコの政治家がドイツへ飛んできて、大集会が開かれることは、過去に何度もあった。何千人ものトルコ人が集まり、見渡す限りにトルコ国旗の波が揺れるのを見て、外国人の私は毎回、「ドイツ人のリベラリズム」の徹底に感心したものだった。ところが、今回はそれが禁止されたのだ。

さて、登壇禁止について説明を求められたドイツ政府は、「集会の許可は自治体の管轄」と逃げたが、ここまで大きな外交問題に発展する決断を、人口3万人にも満たない町の町長が勝手に下したはずはない。

しかも、その3日後の5日には、今度はケルンの近くでのトルコ経済相の登壇が禁止され、登壇場所を近郊の小さな町に移そうとしたところ、これも禁止された。理由は、治安が乱される恐れがあるとのことだが、かなり言い訳っぽい。

おかしかったのは、14日、ザーランド州の州知事が、それに乗じて同州でのトルコの政治家の登壇を禁止したことだ。しかしこの州では、トルコの政治家が集会を開く予定などなかった。

ザーランド州は、今月の26日に州選挙を控えており、現知事の人気は陰り気味。そこで、一種のトルコ攻撃で人気の回復を図ろうとしたことが見え見えになり、“ファントム(幽霊)集会”の禁止と揶揄された。

■オランダでは入国も拒否!

一方、このころオランダでも、トルコとの不協和音が鳴っていた。

311日、トルコ外相がオランダに入ろうとしたら、着陸許可が出なかった。かなり強硬だ。外相の目的地はロッテルダムだったが、結局飛べずじまい。

同日、やはりロッテルダムに入ろうとした家族・社会政策相は、外相が入国できないのを見て、ドイツから陸路で国境越えを試みた。ところが、国境は越えられたものの、ロッテルダムの総領事館への入館を阻止され、そのうえオランダ警察にドイツ国境まで退去させられた。これも異常な話だ。

総領事館の前で大臣らの到着を待っていたトルコ人たちは、それを知ってもちろん激怒。抗議はたちまち衝突と化した。

そこで、暴徒化したトルコ人を蹴散らすため、オランダ警察が犬を使ったり、放水をしたりした。自国でそれを聞いたエルドアン大統領は烈火のごとく怒り、「オランダ人はファシストである」と怒声をあげた。

トルコとオランダの関係がたちまち悪化したことは言うまでもない。しかも、事態はますますエスカレートしそうな勢いだ。

ただ、オランダのルッテ首相に都合のよいことに、これが国民に受けた。ここで見えてきたのは、今、ドイツでもオランダでも、トルコ攻撃をすれば国民の支持が得られるという事実だ。

そもそも、トルコに対するオランダ政府のこの強硬な態度は、元はと言えば、ウィルダース氏がこれまでずっと貫いてきたことだった。ただ、ウィルダー氏が言えばポピュリズム、国家主義と叩かれる。でも、ルッテ氏がやればOK

■メルケルにとっては好都合だが…

いずれにしても、ドイツも9月には総選挙を控えている。つい最近までは、メルケル盤石と思われていたが、1月にシュルツというSPDマンが狼煙を上げ、戦場をかき回し始めた。左右からの挟み撃ちで、メルケル首相の危機感は大きい。

そんなおり、CDUはこの“オランダ効果”をしっかり見届けたのだから、9月の選挙に向かって同じ作戦を取るだろう。そういう意味では、実は、トルコがドイツ政府をガンガン攻撃してくれているのは、もっけの幸いではないか。

これにより、CDUは容易に難民政策の転換を図れるし、怒って見せれば見せるほど、国民は満足する。しかも、右派のAfD(ドイツのための選択肢)の勢力を削ぐこともできるし、SPDとの政策の差別化も明確にできる。一石四鳥だ。

ただ、トルコとドイツの関係は、ますます悪化するだろう。トルコ系を300万人も抱えているドイツとしては、予断を許さない。

ドイツにいるトルコ系は、すでにドイツに同化してしまっている人たちも多いが、これがきっかけで心の中のトルコ人アイデンティティーを復活させる人もでてくるかもしれない。あるいは、ドイツ国内でトルコ社会の分断が起きる可能性もある。ドイツ政府としては、さじ加減の難しいところだ。

そのうえ、このままでは満身創痍のEUはますますおかしくなる。実際、トルコは、15年に交わした難民合意を見直すと脅しをかけている。

もともと疑問符の多く付いた合意ではあったが、これをトルコが蹴飛ばせば、現実問題として、あっという間にトルコにいる中東難民がギリシャの島に向かってボートを漕ぎだす。トルコはすでに250万人の中東難民を保護しているのだから、EUとしては、想像するのも恐ろしいシナリオだ。

政治家やメディアは、口を開けば“民主主義”と言うが、EUでは各国の内部事情がぶつかり合うばかりで、民主主義がどこにあるのか、今、よく見えない。


0 Comments :

Post a Comment :: Click!!

コメントを投稿

 ■Sponsored Link

韓国大統領 月山明博(李明博)の…天皇陛下への「不敬発言」
痛惜の念などという単語一つを言いに来るのなら、来る必要はない。
日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い。
重罪人にするように手足を縛って頭を足で踏んで地面に擦り付けて謝らせてやる。
重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話だ。
そんな馬鹿な話は通用しない。
それなら入国は許さないぞ。
偽左翼マスメディアの情報操作手法
手法 用例 手法 用例 手法 用例 手法 用例
連想の創出 愛国者に対して「軍靴の音が聞こえそうだ」などと揶揄し否定的な印象を与える… コメント 人々を一定の方向に誘導するために「事実とは異なる解釈」をコメントさせたり「社説」にする… プレゼンス効果 現場からの中継や縮小ジオラマなどで「臨場感」を演出し「やらせ」も交えて信用されやすくする… 分類表 一部の「ネット右翼」が批判しています…のように決まった単語・フレーズで事象を分類して極小化・極大化する…
撹乱 「第三極も含めて政党が乱立して訳が分かりません…」などと連日「情報ノイズ」で溢れさせ興味自体を失わせる… 癒着提案 TBS「安倍官房長官印象操作映像事件」のように「個別の事実」を「継ぎ接ぎ」して「誤った印象」を植え付ける… 匿名の権威 「信頼すべき消息筋によれば…」のように情報元を明かす必要がない事を逆手に取り記事の内容に権威を与える… 日常会話 お隣の「韓国」では…のように本来否定的な要素「韓国」を日常会話のように繰り返し心理的習熟効果で反応を麻痺させる…
感情共鳴 コンサートで開催場所の地名を大声で繰り返し叫ぶ…などのように「デモ」「集会」などで群集を理性ではなく感情レベルで反応させる… 歴史の書き換え 民主党の「天皇制廃止」「戸籍法廃止」「夫婦別姓」などの愛国心を低下させるための国家・民族全体に対する長期的な情報操作… 感情整列 この時間にご覧になっている貴方だけに限定100セットだけ…などと「一定のシチュエーション」を用意して群集の感情を「均一化」させる… 一次効果 「朝日新聞の従軍慰安婦捏造問題」「iPS細胞での読売新聞大誤報」など「最初に発信された情報」は嘘でも捏造でも信用されやすいという原理…
ブーメラン 坂本龍一・山本太郎などの著名人を使い原発管制報道に対する「自由の闘士」を作り出し国力を削るために「愛国者」を装った抗議運動を展開する… 心理的ショック 日本は豊かなのだと錯覚させ更に絞り取るために「飢餓」を伝え…日本は悪い事をしたと日本人を自虐的に思い込ませるために繰り返し「戦争」を伝えます… 半真実 「マニュフェストが実現出来なかったのは自民党の負の遺産のせいで民主党がダメだった訳ではない…」のように嘘の中に一面的な真実を織り込み全体を真実に見せる… フィードバック 「支持政党無しの無党派層は過去最高」という結果を得るために世論調査の回答項目に「民主党もダメだけど自民党もダメ」という項目を設定し全体の意見に偽装する…
すり替え 「傷害」を「いじめ」「窃盗」を「万引き」「殺人事件」を「交通事故」「テロリスト」を「レジスタンス」「略奪事件」を「抗議デモ」など受け入れ易い言葉に置き換える婉曲手法… 脅威の創出 尖閣購入時に「中国の脅威」は民主党政権以降に尖鋭化していたにもかかわらず恰も「都知事発言以降に尖鋭化した」かの如く捏造し民主党には他に選択肢は無かったと責任転嫁… 社会的同意 首相の靖国参拝に「外国」から激しい反発が起こっている…などと…特定アジアだけの意見を恰も世界全体が同意していると錯覚させる…「人権擁護法案」「外国人参政権」などもこの手法… 側面迂回 民主党の原発事故対応では線量などの周辺情報は正確に報じられ枝野幸男の「直ちに健康に影響を及ぼすものではない…」の嘘の信憑性を高めメルトダウン・風向きなどの核心部分は隠蔽された…
虚偽類似 「視聴率低迷は若者のテレビ離れのせい…」「CDが売れないのは違法ダウンロードのせい…」「紅白歌合戦に韓流スターが出演できないのは日本の右傾化のせい…」など都合の良い「原因と結果の因果関係」を作り出す… 事実確認 原発安全神話を作り出したのも公共事業にジャブジャブ税金をつぎ込んだのも自民党です…など…「一面的な事実」を先に述べ「事実確認」させ…自民党政権に逆もどりして良いんですか?…と未来を誤認・錯覚させる… 毒入りサンドウィッチ 「白川総裁が自民党の経済政策を批判」「安倍総裁の経済政策発言を市場が好感し円安に振れ株価は年初来の高値」「一方でハイパーインフレを懸念する声も」…のように序文と結論の否定的報道で肯定的な報道を挟み肯定的な報道の意義を低下させる… 砂糖入りサンドウィッチ 毒入りサンドウィッチの逆の手法…
  偽左翼マスメディアの情報操作手法
偽左翼マスメディアが日本人には絶対に伝えない真実
■イラクでの自衛隊に対する前代未聞の「感謝デモ」
(サムネイル画像のクリックで動画がポップアップ)

当時自衛隊叩きに躍起になってたメディアの
捏造・隠蔽から目覚めよう
誇りある日本の再生のために
「jQuery」と「jQuery UI」で HTML に彩りを添えよう…

「導入」「Button」「Accordion」「Tabs」「Effects/Slide」
「Progressbar」「Dialog」「Tooltip」「Menu」 「Extra」 / 公式「Widgets」以外の「jQuery UI」スクリプト
Blogger Template Customize Universal / INDEX
Blogger テンプレート・カスタマイズ / 全般を解説
高速化・最適化対策の結果と備忘録
Scroll Top