from :: Asahikawa Hokkaido

passer-by198

primetime pencil

2016/02/12


Posted

「難民キャンプ支援」に90億ユーロ拠出!? ただしEUはもう、大量の難民を受け入れる気はない / 川口マーン惠美「シュトゥットガルト通信」

 source : 2016.02.12 現代ビジネス (クリックで引用記事開閉)

■シリア難民の悲惨な現状




2月4日、ロンドンで70以上の国と地域の代表が集い、「シリア人道支援会合」が開かれた。

これまではクウェートでの開催だったが、今回は初めてヨーロッパで。難民問題が中東だけの問題ではなくなった証拠だ。EUが初めて本気になったとも言える。会合の目的は、トルコ、レバノン、ヨルダンなどの難民キャンプに対する経済援助のお金集めだ。

現在、シリア難民というと、EUに入っている難民が話題になっているが、難民の皆がEUに来られるわけではない。EUに到達しているのは、実は恵まれた難民である。

EUの規則(ダブリン協定)では、難民申請はEU圏内でしかできないと定められているため、まず、何がなんでもEUに入る必要がある。中東の難民が、今の混乱した状況でEUに入ろうとすれば、犯罪組織に大金を払って、幇助してもらうしかない。道中は過酷なので、体力も要る。つまり、今、EUにいる中東難民は(バルカン半島の経済難民は別)、ほぼ全員がお金と体力のある人たちということになる。

では、お金と体力のどちらかが無い者、あるいは、両方無い者ががどうしているかというと、戦闘や虐殺を逃れ、せいぜい隣国まで逃げるのがやっとだ。だから、ヨルダン、レバノン、トルコなどに大規模な難民キャンプができている。子連れは遠くまで逃げにくいので、キャンプには必然的に子供の割合も多い。つまりここでは、本当の意味の難民が、すでに何年も暮らしているのである。

その難民キャンプの状況が、大変悲惨なことになっている。トルコがすでに250万の難民を抱えているのを始め、レバノン、ヨルダンでも、それぞれ150万人、100万に達したという。レバノンは人口400万人、ヨルダンは650万の国なのだから、どちらも限界はとっくに超えている。

資金援助は主に国連が行っていたが、お金は足りず、2015年はすでに難民キャンプでの食料が大幅に切り詰められた。他の物にいたっては言わずもがなだ。学校や幼稚園もほとんどない。難民キャンプには、教育を受けられない子供達が何百万人もいるのである。

■手のひらを返したメルケル首相




EUでは、今のところ、すべての難民政策が失敗している。

メルケル首相は、昨年夏、「Wir schaffen das!(我々にはできる!)」と言って、ハンガリーに溜まってしまっていた難民を引き受け、どんなにその数が増えようとも、「政治難民の受け入れに数の制限は設けない」とした。

「50万人と決めたら、50万と1人目の人の入国を拒否するのか?」とか、「困っている人々に優しくするために言い訳をしなければならない? そんな国は私の国ではない」は、メルケル語録の一部だ。

しかし、当初この「難民ようこそ」政策を支持していた国民が、そのあまりの数に恐れをなすまでにそれほどの時間はかからなかった。

このままでは収拾がつかなくなると危惧したEU各国も、ドイツ方式に背を向けた。ドイツは、ギリシャとイタリアに溜まってしまっている難民だけでもEU国が手分けして引き受けようとアピールしたが、実際についてくる国はなかった。

そうこうするうちに、2015年だけで、ドイツでの難民申請数は110万件に達し、ドイツ国内でのメルケル首相の人気が劇的に落ちた。

追い詰められたメルケル首相だが、それでも前言を翻さなかった。もちろん、EUのリーダーであり続けようという気概を捨てることもなく、難民問題はEUレベルで解決しようと、今もEUの首脳たちを叱咤激励し続けている。

ただ、「我々にはできる!」というスローガンは、いつのまにか「EU国境の防衛」に取って変わった。何のことはない、夏にハンガリーが実行して、非人道的と叩かれた政策である(一番大きな声で非難したのはドイツだった)。

今、よりによってこれを難民問題の正しく効果的な解決策として据えるのなら、メルケル首相は、まずはオルバン首相に謝るべきではないか。

■もう誰も、難民を引き受けるつもりはない

いずれにしても、EUの外務理事会は、現在、ギリシャに対する圧力を強めている。ギリシャがちゃんとEU国境を防衛しないから、トルコから難民がゾロゾロと海を渡ってくるというわけだ(トルコは、中東難民のハブ地点)。

オーストリアのクルツ外相は、「ギリシャがこれ以上、国境防衛をおろそかにするなら、マケドニア、スロベニアと折衝する。彼らがやらなければ、わが国だけでもやる」と言い切った。オーストリア、マケドニア、スロベニアが国境を防衛すれば、トルコから渡ってきた難民は行き場を失い、必然的にギリシャに溜まる。

とはいえ、ギリシャは何百もある島をどうすれば見張れるのか? 国境を防衛するというのは、トルコからのボートを追い返すということだろうか? そんなことをしたら、ますます多くの難民が溺れ死ぬ。そもそも、難民申請はEU圏でしかできないという決まりがあるからこそ、こういう状況になっているのだ!

ちなみに、ギリシャの金融危機は、現在、報道されなくなっただけで、一切解決していない。なのに、弱ったギリシャの喉元に、EUはふたたびナイフを突きつけている。ギリシャがあてにならないので、NATO軍がエーゲ海を警備するという案まで出始めた。

一方、やはり難民問題の解決策として、ドイツはトルコとの連携も強める方針だ。早い話が、トルコにいる難民がEUに出ないよう保護してもらおうということ。条件は、EUからトルコへの30億ユーロの資金援助だ。

しかし、30億ユーロは3ヵ月以上たった今も1ユーロたりとも支払われていないという。だから、もちろん約束は機能せず、粗末なゴムボートに乗り込んだ難民は、毎日トルコの海岸のどこかからギリシャのどこかの島に到達する。あるいは到達できずに冷たい海に沈んでいる。

シリア人道支援会合の裏には、こういう事情がすべて蠢いている。もう誰も、難民を大量に引き受けるつもりはない。だからこそお金を集め、難民が溜まってしまっている国々に経済援助をする。会合の目的は、難民がEUに来ないようにすること。盛んに言われた「人道」はすっかりどこかに飛んでしまった。

参加国はもちろんこの趣旨に賛同し、各国が提示した援助額の合計は90億ユーロにも達した。それを、バンキムン国連総長をはじめ、メルケル首相や他の首脳たちが「大成功!」と称賛。ただし、前回の同会合では、提示額をちゃんと振り込んだ国は少なく、よって、今回も本当に90億ユーロが集まるとは誰も信じていないという。

■日本政府はもっとアピールした方がいい

それはそうと、日本は何をしているのかと思い、外務省のホームページを見たら、武藤外務副大臣が臨席し、本年度分として3.5億ドルの支援を表明したと書いてあった。それどころか、日本はこれまでも総額約12億ドル以上のシリアおよび周辺国に対する人道支援を実行しているという。

だったら、なぜ、それが報道されないのか? 私がオンラインで調べた限りでは、主要紙で報道があったのは日経新聞だけだ(産經新聞は取り上げてはいたものの、会合でスピーチをした「シリアのマララ」と呼ばれる少女の「難民キャンプに学校を!」というアピールを人道物語として扱っていた)。

だからたいていの日本人は、そんな会合があったことさえ知らない。これだけの税金が使われているのに、国民が知らないのはおかしくないか?

日本政府は、日本の国際協力の実態を国内外にもっとアピールしてほしい。政治難民をほとんど受け入れていないことを後ろめたく感じている日本人も、日本の税金が少しでもシリア難民の助けになっているかもしれないと思えば、ちょっとホッとするだろう。

さて、ここ数日、あらたな問題が勃発。ロシアの空爆の影響もあり、シリア北西部で大量に難民が発生し、すでに何万人もがトルコ国境で立ち往生している。EUはトルコに即刻国境を開けと要求しているが、トルコはエンドレスになることを恐れ、そう簡単には応じない。

目下のところ、NGOをシリア側に入れて、テントや食料で支援しているらしいが、インフラも何もないところだ。状況は刻々と悪化し、伝染病も蔓延し始めたという(10日の報道)。かといって、EUももちろん受け入れるつもりはない。

中東情勢はますます不穏。そして難民問題は、巨大なババ抜きのようになっている。


0 Comments :

Post a Comment :: Click!!

コメントを投稿

 ■Sponsored Link

韓国大統領 月山明博(李明博)の…天皇陛下への「不敬発言」
痛惜の念などという単語一つを言いに来るのなら、来る必要はない。
日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い。
重罪人にするように手足を縛って頭を足で踏んで地面に擦り付けて謝らせてやる。
重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話だ。
そんな馬鹿な話は通用しない。
それなら入国は許さないぞ。
偽左翼マスメディアの情報操作手法
手法 用例 手法 用例 手法 用例 手法 用例
連想の創出 愛国者に対して「軍靴の音が聞こえそうだ」などと揶揄し否定的な印象を与える… コメント 人々を一定の方向に誘導するために「事実とは異なる解釈」をコメントさせたり「社説」にする… プレゼンス効果 現場からの中継や縮小ジオラマなどで「臨場感」を演出し「やらせ」も交えて信用されやすくする… 分類表 一部の「ネット右翼」が批判しています…のように決まった単語・フレーズで事象を分類して極小化・極大化する…
撹乱 「第三極も含めて政党が乱立して訳が分かりません…」などと連日「情報ノイズ」で溢れさせ興味自体を失わせる… 癒着提案 TBS「安倍官房長官印象操作映像事件」のように「個別の事実」を「継ぎ接ぎ」して「誤った印象」を植え付ける… 匿名の権威 「信頼すべき消息筋によれば…」のように情報元を明かす必要がない事を逆手に取り記事の内容に権威を与える… 日常会話 お隣の「韓国」では…のように本来否定的な要素「韓国」を日常会話のように繰り返し心理的習熟効果で反応を麻痺させる…
感情共鳴 コンサートで開催場所の地名を大声で繰り返し叫ぶ…などのように「デモ」「集会」などで群集を理性ではなく感情レベルで反応させる… 歴史の書き換え 民主党の「天皇制廃止」「戸籍法廃止」「夫婦別姓」などの愛国心を低下させるための国家・民族全体に対する長期的な情報操作… 感情整列 この時間にご覧になっている貴方だけに限定100セットだけ…などと「一定のシチュエーション」を用意して群集の感情を「均一化」させる… 一次効果 「朝日新聞の従軍慰安婦捏造問題」「iPS細胞での読売新聞大誤報」など「最初に発信された情報」は嘘でも捏造でも信用されやすいという原理…
ブーメラン 坂本龍一・山本太郎などの著名人を使い原発管制報道に対する「自由の闘士」を作り出し国力を削るために「愛国者」を装った抗議運動を展開する… 心理的ショック 日本は豊かなのだと錯覚させ更に絞り取るために「飢餓」を伝え…日本は悪い事をしたと日本人を自虐的に思い込ませるために繰り返し「戦争」を伝えます… 半真実 「マニュフェストが実現出来なかったのは自民党の負の遺産のせいで民主党がダメだった訳ではない…」のように嘘の中に一面的な真実を織り込み全体を真実に見せる… フィードバック 「支持政党無しの無党派層は過去最高」という結果を得るために世論調査の回答項目に「民主党もダメだけど自民党もダメ」という項目を設定し全体の意見に偽装する…
すり替え 「傷害」を「いじめ」「窃盗」を「万引き」「殺人事件」を「交通事故」「テロリスト」を「レジスタンス」「略奪事件」を「抗議デモ」など受け入れ易い言葉に置き換える婉曲手法… 脅威の創出 尖閣購入時に「中国の脅威」は民主党政権以降に尖鋭化していたにもかかわらず恰も「都知事発言以降に尖鋭化した」かの如く捏造し民主党には他に選択肢は無かったと責任転嫁… 社会的同意 首相の靖国参拝に「外国」から激しい反発が起こっている…などと…特定アジアだけの意見を恰も世界全体が同意していると錯覚させる…「人権擁護法案」「外国人参政権」などもこの手法… 側面迂回 民主党の原発事故対応では線量などの周辺情報は正確に報じられ枝野幸男の「直ちに健康に影響を及ぼすものではない…」の嘘の信憑性を高めメルトダウン・風向きなどの核心部分は隠蔽された…
虚偽類似 「視聴率低迷は若者のテレビ離れのせい…」「CDが売れないのは違法ダウンロードのせい…」「紅白歌合戦に韓流スターが出演できないのは日本の右傾化のせい…」など都合の良い「原因と結果の因果関係」を作り出す… 事実確認 原発安全神話を作り出したのも公共事業にジャブジャブ税金をつぎ込んだのも自民党です…など…「一面的な事実」を先に述べ「事実確認」させ…自民党政権に逆もどりして良いんですか?…と未来を誤認・錯覚させる… 毒入りサンドウィッチ 「白川総裁が自民党の経済政策を批判」「安倍総裁の経済政策発言を市場が好感し円安に振れ株価は年初来の高値」「一方でハイパーインフレを懸念する声も」…のように序文と結論の否定的報道で肯定的な報道を挟み肯定的な報道の意義を低下させる… 砂糖入りサンドウィッチ 毒入りサンドウィッチの逆の手法…
  偽左翼マスメディアの情報操作手法
偽左翼マスメディアが日本人には絶対に伝えない真実
■イラクでの自衛隊に対する前代未聞の「感謝デモ」
(サムネイル画像のクリックで動画がポップアップ)

当時自衛隊叩きに躍起になってたメディアの
捏造・隠蔽から目覚めよう
誇りある日本の再生のために
「jQuery」と「jQuery UI」で HTML に彩りを添えよう…

「導入」「Button」「Accordion」「Tabs」「Effects/Slide」
「Progressbar」「Dialog」「Tooltip」「Menu」 「Extra」 / 公式「Widgets」以外の「jQuery UI」スクリプト
Blogger Template Customize Universal / INDEX
Blogger テンプレート・カスタマイズ / 全般を解説
高速化・最適化対策の結果と備忘録
Scroll Top