from :: Asahikawa Hokkaido

passer-by198

primetime pencil

2015/10/25


Posted

【"平和の砦"の失墜】「南京大虐殺文書」記憶遺産登録の裏に、国連トップの座をめぐる陰謀説も / 降旗学

 source : 2015.10.24 DIAMOND online (クリックで引用記事開閉)




今月十日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界記憶遺産に、中国が申請していた「南京大虐殺文書」が登録された(同時に何故か中国が申請していた「慰安婦関連資料」は却下)。

南京大虐殺(南京事件)とは、一九三七(昭和一二)年、日本軍が当時の中華民国の首都・南京市を占領した際、約二ヵ月にわたり老若男女を問わず「三〇万人」もの南京市民(便衣兵、捕虜を含む)を無慈悲にも虐殺した――、と中国と朝日新聞・本多勝一記者が主張しているジェノサイドのことだ。

今回の登録は、レフトを守る一部の人を除き、多くの人が首を傾げただろう。何故なら、レフトを守る一部の人を除き、南京「大虐殺」など無かったことが多くの研究で明らかになっているからだ。

私は、南京「大虐殺」はなかったと思っているひとりだ。が、日本軍が南京市入りをした際、数字はわからないものの、数千もしくは数万人規模の殺害、殺戮行為はあっただろうとは考えている。そのため、世界記憶遺産に登録されはしたが、中国当局の言う三〇万人もの「大」虐殺は明らかな捏造だと受け止めている。すなわち、南京市における日本軍の悪行愚行は、中国政府がシナリオを作り中国当局に言い含められた本多記者がまき散らした嘘なのだ。朝日新聞社は、韓国の慰安婦問題をでっちあげ、中国の捏造に加担していたのだ。

言うなれば、今年九月に催された「抗日戦勝記念」軍事パレードと同じだ。

中華人民共和国は、悲しいかな、日本軍と戦っていない。日本軍と戦ったのは蒋介石率いる国民党軍で、国共合作後の中国共産党は日本軍との戦闘は国民党に任せっ放しで、自らはせっせと党の体制づくりに励んでいた。戦ってもいないくせに「抗日勝利」と叫ぶあたり、ありもしない大虐殺をあったと主張するのと同じだ。

ちなみに、中国メディア『新華網』が先月報じたところでは、

「歴史家の王鼎傑氏は、『共産党軍は一日に何十回も、ときには一〇〇回近く日本軍と戦闘になることもあり、日本軍を恐怖に陥れた』と述べ、四六時中日本軍と戦っていたと主張した。

また、中共中央党史研究室の李忠傑副主任によると、抗日戦争全体で、共産党軍は十二万五〇〇〇回敵軍と戦い、五十二万七〇〇〇人の日本軍を倒したという。それで、共産党軍は敵軍の後方戦場における支柱であったとしている」

あははは、である。何なんだろうね、後方戦場って? じゃあ、誰が前方戦場にいたのだと訊きたくなる。共産党軍は「後ろ」にいたのだものね。社会主義国の歴史家の話にどれほどの信憑性があるというのか。っつーか、十二万回の戦闘で五十二万人を倒したのなら、一回平均四人ちょっとだ。ゲリラ戦?

ついでの話をすると、大韓民国の朴槿恵大統領も「戦勝国」の代表として抗日戦勝パレードに出席したが、とても悲しいことに、韓国も抗日戦勝国ではないのだ。サンフランシスコ講和条約が締結されたとき、韓国はアメリカに泣きつき、お願いだから私たち朝鮮民族も「戦勝国」に入れてくださいよぉと懇願した。が、大戦時、あなたたちは「日本人だったでしょ」と戦勝国入りを一蹴されている。韓国は日本と戦ったどころか、日本人だったのだ。だから「戦勝国」なんてとんでもない話なのだが、朴大統領はしれっとすまし顔でパレードに参加していた。お父さんに教えてもらわなかったのかな。朴パパこと故朴正煕(パクチョンヒ)元韓国大統領の日本名は高木正雄さんですよ。

もうひとつ、ついでの話をしておくと、サンフランシスコ講和条約締結の際、韓国は独島(韓国での名称:竹島のこと)を韓国領と認めてくださいよぉとアメリカにお願いしたが、ラスク書簡(領土問題に関するアメリカ側の返答)で「竹島は日本の領土ですよ」とこちらも一蹴されている。いまだに韓国はラスク書簡は無効だ、独島は韓国領だと言い張ってますけどね。

しかし、だ。嘘もつき続ければ真実となる――、という格言が真実かどうかはさておき、韓国は慰安婦たちは強制連行されたと延々と嘘をつき続け、中国は南京大虐殺があったという嘘を延々とつき続け、そして今回の記憶遺産登録にこぎ着けた。

すると、たいへん困ったことに、世界が中韓の嘘を信じてしまうのである。

慰安婦問題のときがそうだった。河野洋平元官房長官が調査もせず韓国側の言いなりに慰安婦の強制性と軍の関与を口走り、村山富市元総理が真っ赤な談話を発表してしまったうえに外務省があまりにもお粗末な仕事(国際舞台で強制性を否定できないお間抜けぶり)を発揮してくれたせいで、慰安婦=性奴隷なる認識が世界で定着してしまった。河野村山両人の言質を取った韓国は、ソウルの日本大使館前を取っかかりに国内各地、アメリカやオーストラリアでまで慰安婦像の設置を始めた。

外務省が間抜け集団なのは、次のことからも読み取れる。今年七月、前衆議院議員の杉田水脈(みお)氏がジュネーブの国連本部で開かれた女子差別撤廃委員会の準備会合に自費で参加したときのことだ。彼女は、慰安婦問題を長年報じてきた朝日新聞も記事を取り消し、従って強制連行はなく、慰安婦は性奴隷ではないとスピーチをした。

このとき、委員会からは「あなたは日本政府の回し者か」と詰問調の質問が出たとのことだが、他方では「このような見解(慰安婦の強制連行はなかった)を当委員会は初めて聞いた。あなたの主張に事実の裏付けはあるのか」との問いかけもあったという。

その後、日本政府宛てに「慰安婦が強制連行ではなかったとする主張について答えよ」との質問状が届いたのだそうだ。私からすれば、おいおいである。一九九〇年代初頭に慰安婦問題が浮上して四半世紀が経つのに、国連が「初めて聞いた」とは。外務省の仕事ぶりがこれだけでよくわかるのだ。

というか、杉田水脈氏が会合に出席し発言していなければ、慰安婦問題は河野村山両氏および韓国政府の主張がそのまま国連の認識になっていただろう。それを思うと背筋が寒くもなるが、却下されたとはいえ、今回は中国が韓国に加担し、記憶遺産に「慰安婦関連資料」を登録しようとした。何やってんだ外務省!!

ただ、杉田氏の発言で国連が動いたことは、レフトを守る一部の人を除けば、私たちには一筋の光明でもある。この質問状に外務省がしっかりと回答すれば、来年二月に行なわれる委員会の本会議で日本の主張が認められる可能性もあるからだ。だから、慰安婦は性奴隷だったのか、強制連行があったのか否かの真実の全ては外務省にかかっているのである。でも大丈夫かしら、あの人たちに任せて。

慰安婦問題は外務省に挽回のチャンスが与えられ、レフトを守る一部の人を除けば私たちも朝日新聞に塗られた顔の泥を拭う絶好の機会にもなるが、問題は、すでに登録されてしまったでっちあげの「南京大虐殺文書」だ。

週刊新潮は「登録された南京大虐殺文書は十一種類。全てに証拠価値がないことを立証すれば登録は覆せるというが、その道は険しそうだ」とやや悲観的に書いたのに対し、週刊文春にコメントしたケント・ギルバート氏は楽観的にこう言う。

「私は、今回の件で日本が被ったデメリットは、プライドが傷つけられたことぐらいで、むしろメリットのほうが大きいと見ています。中国が提出した証拠をひとつずつ反論して潰していけばいいのだから、議論しやすくなったと言えます。中国が国ぐるみでウソつきだということを世界にアピールするチャンスをもらったわけです。

それにユネスコ予算の日本の分担金は約三十七億円とトップで、中国の割合はその半分にも満たない。カネだけ出して口を出さないじゃ意味がない。外務省は国連ロビー担当を強化する必要があります。

そして、日本人が海外で南京大虐殺について問われたときに、反証のためにすぐに相手に手渡せる外国語の資料を作成するべきです。その過程で外務省職員も歴史の真実を十分勉強してほしい。彼らには国際政治と歴史問題の認識が浅いと感じます(後略)」

今回の南京大虐殺文書の登録が実現したのは、日本の信用を貶めようとする中国の企みと、来年末に行なわれる国連事務総長選挙への出馬を考えているイリナ・ボコバ事務局長(世界記憶遺産は国際諮問委員会の審査の後、ボコバ事務局長が登録を決定)の思惑が一致したから――、との見方もある。外信部記者が言う。

「彼女の頭にあるのは、来年末に控えた国連事務総長と言って間違いありません。歴史的な評価や事実認定が定まらない案件の世界記憶遺産登録はきわめて異例ですが、それを強行したのは、彼女が中国を味方につけたいと考えたからに他なりません」

次期国連事務総長にはすでに数人が立候補を表明しているが、その最有力候補がブルガリア出身のボコバ氏なのだという。東欧出身の事務総長はいないのだそうだ。

が、このボコバ氏、ちょっとキナ臭いのである。

ウィキリークス英語版に書いてあるのだけれど、父親がブルガリア共産党機関誌の編集長をしていただけあって、彼女も若いころからのコミュニストのようだ。モスクワ国際関連大学に学んだブルガリア共産党の党員だった。志位和夫委員長ならお友だちになれちゃうだろう。

現在の国連事務総長は「国連は中立な機関ではない」と言い放ち、国連史における「最悪の事務総長」「やる気と学ぶ姿勢に欠ける」「能なし」と揶揄される藩基文氏だ。次の韓国大統領選に出馬すると言われている人物だが、事務総長という立場にありながら、藩氏は中国の軍事パレードに出席した。

それだけで藩事務総長の偏りがよくわかるが、その軍事パレードに夫婦で出席していたのが、藩氏の次の事務総長になろうかというイリナ・ボコバ氏だった。次期総長の椅子を狙っていながらこれはどうかとは思うが、国連内部でもボコバ氏の「親中ぶり」はつとに有名なのだという。

つまり、ボコバ氏は中国が事務総長選挙で、自分に拒否権を発動しない代わりに「南京大虐殺文書」の世界記憶遺産への登録を認めるという“裏取り引き”を行なったと疑われているのだ

「(事務総長の)立候補者は一九三の加盟国代表が出席する総会での質疑を経て、安保理で一人に絞られます。その際、米、英、仏、露、中の常任理事国だけが“死のキス”と呼ばれる拒否権を保有しており、この一ヵ国でも反対すれば承認はされません」

冷戦後、ブルガリアはNATOに加盟し、欧米に強く依存してきたために米、英、仏が反対する可能性は低いとのこと。中国は間違いなく無条件で賛成。ロシアも、昨年三月のクリミア編入で経済制裁を受け、いまでは中国が天然ガスの大きな取り引き相手となっており、中国が賛成すればロシアも追従するだろうとの見方が強い。

次の国連事務総長は、イリナ・ボコバ氏でほぼ本決まりだ。疑問に思われた方は私の偏向と思ってもらってかまわないが、共産党員だった経歴の持ち主が国連事務総長などになってもよいものなのだろうか。ましてや、中国べったりで裏取り引きをしたかもしれないようなグレーな人物が。

世界記憶遺産は、後世に残すべく必要性を認められた歴史的な記録物の登録事業だ。日本も山本作兵衛が描き残した筑豊の炭坑画や『舞鶴への生還 1945―1956 シベリア抑留等日本人の本国への引き揚げの記録』『東寺百合文書』などが登録されている。

そこに韓国は「慰安婦関連資料」を登録しようと国際連帯委員会を設立し準備を進め、中国は今年「南京大虐殺文書」を申請し登録が許された。

ありもしないものをあたかも事実のように申請する厚かましさには呆れもし、怒りが湧くが、日本を貶めるため、そして栄達のため次の事務総長になるための引き換えに、人類の文化を利用する浅ましい連中だけは許してはならない。

ユネスコ憲章が前文で謳う「平和の砦」が聞いて呆れるぜ。

何とかしろ、外務省!!


0 Comments :

Post a Comment :: Click!!

コメントを投稿

 ■Sponsored Link

韓国大統領 月山明博(李明博)の…天皇陛下への「不敬発言」
痛惜の念などという単語一つを言いに来るのなら、来る必要はない。
日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い。
重罪人にするように手足を縛って頭を足で踏んで地面に擦り付けて謝らせてやる。
重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話だ。
そんな馬鹿な話は通用しない。
それなら入国は許さないぞ。
偽左翼マスメディアの情報操作手法
手法 用例 手法 用例 手法 用例 手法 用例
連想の創出 愛国者に対して「軍靴の音が聞こえそうだ」などと揶揄し否定的な印象を与える… コメント 人々を一定の方向に誘導するために「事実とは異なる解釈」をコメントさせたり「社説」にする… プレゼンス効果 現場からの中継や縮小ジオラマなどで「臨場感」を演出し「やらせ」も交えて信用されやすくする… 分類表 一部の「ネット右翼」が批判しています…のように決まった単語・フレーズで事象を分類して極小化・極大化する…
撹乱 「第三極も含めて政党が乱立して訳が分かりません…」などと連日「情報ノイズ」で溢れさせ興味自体を失わせる… 癒着提案 TBS「安倍官房長官印象操作映像事件」のように「個別の事実」を「継ぎ接ぎ」して「誤った印象」を植え付ける… 匿名の権威 「信頼すべき消息筋によれば…」のように情報元を明かす必要がない事を逆手に取り記事の内容に権威を与える… 日常会話 お隣の「韓国」では…のように本来否定的な要素「韓国」を日常会話のように繰り返し心理的習熟効果で反応を麻痺させる…
感情共鳴 コンサートで開催場所の地名を大声で繰り返し叫ぶ…などのように「デモ」「集会」などで群集を理性ではなく感情レベルで反応させる… 歴史の書き換え 民主党の「天皇制廃止」「戸籍法廃止」「夫婦別姓」などの愛国心を低下させるための国家・民族全体に対する長期的な情報操作… 感情整列 この時間にご覧になっている貴方だけに限定100セットだけ…などと「一定のシチュエーション」を用意して群集の感情を「均一化」させる… 一次効果 「朝日新聞の従軍慰安婦捏造問題」「iPS細胞での読売新聞大誤報」など「最初に発信された情報」は嘘でも捏造でも信用されやすいという原理…
ブーメラン 坂本龍一・山本太郎などの著名人を使い原発管制報道に対する「自由の闘士」を作り出し国力を削るために「愛国者」を装った抗議運動を展開する… 心理的ショック 日本は豊かなのだと錯覚させ更に絞り取るために「飢餓」を伝え…日本は悪い事をしたと日本人を自虐的に思い込ませるために繰り返し「戦争」を伝えます… 半真実 「マニュフェストが実現出来なかったのは自民党の負の遺産のせいで民主党がダメだった訳ではない…」のように嘘の中に一面的な真実を織り込み全体を真実に見せる… フィードバック 「支持政党無しの無党派層は過去最高」という結果を得るために世論調査の回答項目に「民主党もダメだけど自民党もダメ」という項目を設定し全体の意見に偽装する…
すり替え 「傷害」を「いじめ」「窃盗」を「万引き」「殺人事件」を「交通事故」「テロリスト」を「レジスタンス」「略奪事件」を「抗議デモ」など受け入れ易い言葉に置き換える婉曲手法… 脅威の創出 尖閣購入時に「中国の脅威」は民主党政権以降に尖鋭化していたにもかかわらず恰も「都知事発言以降に尖鋭化した」かの如く捏造し民主党には他に選択肢は無かったと責任転嫁… 社会的同意 首相の靖国参拝に「外国」から激しい反発が起こっている…などと…特定アジアだけの意見を恰も世界全体が同意していると錯覚させる…「人権擁護法案」「外国人参政権」などもこの手法… 側面迂回 民主党の原発事故対応では線量などの周辺情報は正確に報じられ枝野幸男の「直ちに健康に影響を及ぼすものではない…」の嘘の信憑性を高めメルトダウン・風向きなどの核心部分は隠蔽された…
虚偽類似 「視聴率低迷は若者のテレビ離れのせい…」「CDが売れないのは違法ダウンロードのせい…」「紅白歌合戦に韓流スターが出演できないのは日本の右傾化のせい…」など都合の良い「原因と結果の因果関係」を作り出す… 事実確認 原発安全神話を作り出したのも公共事業にジャブジャブ税金をつぎ込んだのも自民党です…など…「一面的な事実」を先に述べ「事実確認」させ…自民党政権に逆もどりして良いんですか?…と未来を誤認・錯覚させる… 毒入りサンドウィッチ 「白川総裁が自民党の経済政策を批判」「安倍総裁の経済政策発言を市場が好感し円安に振れ株価は年初来の高値」「一方でハイパーインフレを懸念する声も」…のように序文と結論の否定的報道で肯定的な報道を挟み肯定的な報道の意義を低下させる… 砂糖入りサンドウィッチ 毒入りサンドウィッチの逆の手法…
  偽左翼マスメディアの情報操作手法
偽左翼マスメディアが日本人には絶対に伝えない真実
■イラクでの自衛隊に対する前代未聞の「感謝デモ」
(サムネイル画像のクリックで動画がポップアップ)

当時自衛隊叩きに躍起になってたメディアの
捏造・隠蔽から目覚めよう
誇りある日本の再生のために
「jQuery」と「jQuery UI」で HTML に彩りを添えよう…

「導入」「Button」「Accordion」「Tabs」「Effects/Slide」
「Progressbar」「Dialog」「Tooltip」「Menu」 「Extra」 / 公式「Widgets」以外の「jQuery UI」スクリプト
Blogger Template Customize Universal / INDEX
Blogger テンプレート・カスタマイズ / 全般を解説
高速化・最適化対策の結果と備忘録
Scroll Top