from :: Asahikawa Hokkaido

passer-by198

primetime pencil

2014/04/28


Posted

【ライバルサポーターからも嘲笑】「Manchester U」解任 モイーズの最悪なシーズンと犯した5つの過ち

 モイーズ前監督の最悪なシーズンを振り返る

source : 2014.04.23 AFP BB News (ボタンクリックで引用記事が開閉)
イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)の指揮官の座を22日に解かれたデビッド・モイーズ(David Moyes)前監督の失敗に終わった今シーズンを時系列振り返る。

■2013年

7月1日:アレックス・ファーガソン(Alex Ferguson)氏の退任を受け、モイーズ氏が指揮官としての任務を開始。

9月1日:リバプール(Liverpool FC)が、アンフィールド(Anfield)で1-0とユナイテッドに勝利。ユナイテッドはモイーズ政権でリーグ戦初黒星。

9月22日:マンチェスター・シティ(Manchester City)が、同都市のライバルであるユナイテッドに4-1と圧勝。その一週間後にはウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(West Bromwich Albion、WBA)が、35年ぶりに敵地オールド・トラフォード(Old Trafford)でユナイテッドから勝利を挙げた。

12月4日:モイーズ監督の古巣エバートン(Everton)が、1-0でユナイテッドに勝利。エバートンのオールド・トラフォードでの白星は21年ぶり。

12月6日:モイーズ監督のチームメンバー発表が遅いとリオ・ファーディナンド(Rio Ferdinand)が批判。ファーディナンドは英スポーツチャンネル「BT Sport」に対し、「頭がおかしくなりそうだ」とコメント。

■2014年

1月5日:スウォンジー・シティ(Swansea City)が、オールド・トラフォードで初勝利。ユナイテッドは、ここ30年間で2度目となるFAカップ(FA Cup)3回戦敗退に終わる。

1月7日:キャピタル・ワン・カップ(Capital One Cup 2013-14)、サンダーランド(Sunderland AFC)との準決勝第1戦で黒星。チームは2001年5月以来となる公式戦3連敗。

2月1日:ストーク・シティ(Stoke City)が長らく待たれていた勝利をユナイテッドから挙げる。チャーリー・アダム(Charlie Adam)の2得点でストークは1984年以来の白星を手にした。

2月7日:ネマニャ・ビディッチ(Nemanja Vidic)がシーズン終了後の退団を発表。

2月9日:最下位のフラムを相手に本拠地で先制されるも逆転。しかし、ロスタイムにダレン・ベント(Darren Bent)に同点弾を許し、2-2の引き分けに持ち込まれる。モイーズ監督は、「落ちるところまで落ちた」とコメント。

2月25日:欧州チャンピオンズリーグ2013-14(UEFA Champions League 2013-14)決勝トーナメント1回戦、敵地ギリシャでのオリンピアコス(Olympiakos)戦で0-2と完敗。

3月16日:スティーブン・ジェラード(Steven Gerrard)の2本のPKとルイス・スアレス(Luis Suarez)のゴールで、リバプールがオールド・トラフォードで3-0と勝利。

3月25日:ホームで0-3とマンチェスター・シティに敗れる。この結果、ユナイテッドはプレミアリーグでは最低となる勝ち点でシーズンを終えることが決まった。

4月9日:欧州チャンピオンズリーグ2013-14準々決勝、バイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)戦。初戦は1-1と健闘したものの、第2戦は1-3で王者に敗れた。

4月20日:古巣エバートンの本拠地への帰還が悪夢に。観客からはやじを受け、チームも0-2で敗戦。プレミアリーグではクラブ最多となる11敗目を喫した。また、来季のチャンピオンズリーグ2014-15(UEFA Champions League 2014-15)出場権を逃した。

 マンU解任のモイーズが犯した5つの過ち

source : 2014.04.23 AFP BB News (ボタンクリックで引用記事が開閉)
イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)のデビッド・モイーズ(David Moyes)監督は22日、アレックス・ファーガソン(Alex Ferguson)監督の後を継いでから1年と経たずに解任された。

AFPは解任の5つの理由を振り返り、なぜモイーズ監督がオールド・トラフォード(Old Trafford)での1シーズン目を乗り切れなかったかを考える。

■コーチ陣の刷新

モイーズ監督が指揮官に就任して最初に下した決断は、今考えれば最悪のものの一つだった。

監督はマイク・フェラン(Mike Phelan)氏、レネ・ミューレンスティーン(Rene Meulensteen)氏、エリック・スティール(Eric Steele)氏を留任させず、エバートン(Everton)時代からの仲間であるスティーブ・ラウンド(Steve Round)氏、ジミー・ラムスデン(Jimmy Lumsden)氏、クリス・ウッズ(Chris Woods)氏を呼び寄せた。ユナイテッドでの成功に欠かせない、経験豊富で人望も厚いコーチ陣を追い払ってしまったのだ。

その時、ミューレンスティーン氏がモイーズ監督にかけた言葉が結末を暗示していた。

「私は言った。『デビッド、失礼かもしれないが言わせてくれ。君はエバートンで素晴らしい仕事をしてきたが、自分の操る船がヨットから豪華客船に替わることを理解しているか?』とね。ファーガソン船長には、私も含めた優れたクルーがいた。デビッドはそのことを理解しなかった。そして顔なじみを呼びたがった」

■移籍市場での失敗

モイーズ監督が正式に指揮官に就任したのは確かに昨年7月だが、それは夏の移籍市場の序盤で失敗が続き、迷走したことの言い訳にはならない。監督就任はその2か月前にはすでに内定しており、水面下で獲得候補の選手や所属クラブに接触する時間は十分にあった。

ところがセスク・ファブレガス(Cesc Fabregas)やティアゴ・アルカンタラ(Thiago Alcantara)、アンデル・エレーラ(Ander Herrera)、レイトン・ベインズ(Leighton Baines)に声をかけては無下に断られ続けると、監督は面喰っているように見えた。

その結果、パニックに陥ったモイーズ監督は慌ててマルアン・フェライニ(Marouane Fellaini)を適正以上の移籍金で獲得したが、フェライニはチームの足を引っ張る低調なパフォーマンスしか見せることしかできず、監督自身の場当たり的で、最終的に失敗に終わる手法のピッチ上の象徴のような存在になってしまった。

■選手の監督不信

両者ともに繰り返し否定しているが、モイーズ監督とロビン・ファン・ペルシー(Robin van Persie)の間には確執があったと言われており、モイーズ監督が上手くいかなかったことの大きな要因の1つにも見える。

前シーズンに得点を量産し、ユナイテッドのリーグ優勝の立役者となったファン・ペルシーだが、不愛想なモイーズ監督の下ではプレーに対する意欲をほとんど欠いており、効果的にチームを操縦したファーガソン監督との人心掌握術の差を浮き彫りにさせた。

モイーズ監督はまた、ネマニャ・ビディッチ(Nemanja Vidic)、ライアン・ギグス(Ryan Giggs)、リオ・ファーディナンド(Rio Ferdinand)らの年長の選手からも信頼を得ることができなかった。監督と選手との溝が初めて明らかになったのは前年12月のことで、ファーディナンドが同監督のメンバー発表が遅いことを公然と批判し、「頭がおかしくなりそうだ」とコメントした。

■素人同然の戦術

ファーガソン監督の下での勇敢なサッカーに慣れていたユナイテッドのサポーターは、すぐにモイーズ監督のサッカーにうんざりするようになった。モイーズ監督の戦術は守備的かつ後ろ向きで、チームがバランスも目的意識も失っているように見えることが多々あった。

モイーズ監督は、エバートン時代も同様の保守的な哲学を持っていたが、エバートンは上位クラブと比べれば資金力で劣るため、言い訳の余地が残されていた。

しかし、ユナイテッドのような資金の豊富なクラブに移り、そうした戦術を取る理由が何一つなくなった後も、モイーズ監督は自分のやり方にこだわった。そうした戦いぶりは、降格圏に沈むフラム(Fulham)との2月のリーグ戦で最底辺に達し、いつも通り一本調子な戦い方に終始した結果、プレミアリーグ記録となる81本のクロスを放り込みながらホームで2-2の引き分けに終わった。

その傷に塩を塗るように、フラムのDFダン・バーン(Dan Burn)は、ユナイテッドのスタイルをアマチュアリーグを引き合いに出してあざけり、「あいつらに言ってやりたいよ、こんなにヘディングしたのはカンファレンス(アマチュア)の時以来だってね」とコメントした。

■ダービーでの完敗

モイーズ監督政権下のユナイテッドでとりわけ大きな批判を浴びたのが、サポーターが重要視する大一番で完敗を繰り返したことだった。

ファーガソン監督は、因縁のライバルであるマンチェスター・シティ(Manchester City)とリバプール(Liverpool FC)に強く、両チームからの勝利を堪能した。彼らへの嫌悪感もたびたび口にして、資金の潤沢なシティは「やかましい隣人」とこき下ろし、リバプールはリーグをけん引した1990年代以降は落ち目にあることを指し「止まり木から落ちた」とうれしそうに語った。

しかし、エバートン時代には公の場でも物おじしないタイプだったモイーズ監督は、ユナイテッドではどういうわけかおとなしくなり、舌鋒の鋭さはファーガソン時代には遠く及ばないものになった。

結局、モイーズ監督は最後までサポーターを喜ばせる発言ができず、それどころか、0-3で完敗した本拠地オールド・トラフォードでのリバプール戦の前には、リバプールが優勝候補だとほのめかすコメントを発し、サポーターの怒りを買った。さらにその後、チームがシティにも0-3で完敗すると、シティがユナイテッドの「目指すべき」クラブだとまで発言した。

大一番へ向けて気持ちを高めることができなかったユナイテッドは、リーグでのシティ戦とリバプール戦4試合に全敗した。これは、プレミアリーグが創設された1992年以降では初めてのことだった。


0 Comments :

Post a Comment :: Click!!

コメントを投稿

 ■Sponsored Link

韓国大統領 月山明博(李明博)の…天皇陛下への「不敬発言」
痛惜の念などという単語一つを言いに来るのなら、来る必要はない。
日王は韓国民に心から土下座したいのなら来い。
重罪人にするように手足を縛って頭を足で踏んで地面に擦り付けて謝らせてやる。
重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話だ。
そんな馬鹿な話は通用しない。
それなら入国は許さないぞ。
偽左翼マスメディアの情報操作手法
手法 用例 手法 用例 手法 用例 手法 用例
連想の創出 愛国者に対して「軍靴の音が聞こえそうだ」などと揶揄し否定的な印象を与える… コメント 人々を一定の方向に誘導するために「事実とは異なる解釈」をコメントさせたり「社説」にする… プレゼンス効果 現場からの中継や縮小ジオラマなどで「臨場感」を演出し「やらせ」も交えて信用されやすくする… 分類表 一部の「ネット右翼」が批判しています…のように決まった単語・フレーズで事象を分類して極小化・極大化する…
撹乱 「第三極も含めて政党が乱立して訳が分かりません…」などと連日「情報ノイズ」で溢れさせ興味自体を失わせる… 癒着提案 TBS「安倍官房長官印象操作映像事件」のように「個別の事実」を「継ぎ接ぎ」して「誤った印象」を植え付ける… 匿名の権威 「信頼すべき消息筋によれば…」のように情報元を明かす必要がない事を逆手に取り記事の内容に権威を与える… 日常会話 お隣の「韓国」では…のように本来否定的な要素「韓国」を日常会話のように繰り返し心理的習熟効果で反応を麻痺させる…
感情共鳴 コンサートで開催場所の地名を大声で繰り返し叫ぶ…などのように「デモ」「集会」などで群集を理性ではなく感情レベルで反応させる… 歴史の書き換え 民主党の「天皇制廃止」「戸籍法廃止」「夫婦別姓」などの愛国心を低下させるための国家・民族全体に対する長期的な情報操作… 感情整列 この時間にご覧になっている貴方だけに限定100セットだけ…などと「一定のシチュエーション」を用意して群集の感情を「均一化」させる… 一次効果 「朝日新聞の従軍慰安婦捏造問題」「iPS細胞での読売新聞大誤報」など「最初に発信された情報」は嘘でも捏造でも信用されやすいという原理…
ブーメラン 坂本龍一・山本太郎などの著名人を使い原発管制報道に対する「自由の闘士」を作り出し国力を削るために「愛国者」を装った抗議運動を展開する… 心理的ショック 日本は豊かなのだと錯覚させ更に絞り取るために「飢餓」を伝え…日本は悪い事をしたと日本人を自虐的に思い込ませるために繰り返し「戦争」を伝えます… 半真実 「マニュフェストが実現出来なかったのは自民党の負の遺産のせいで民主党がダメだった訳ではない…」のように嘘の中に一面的な真実を織り込み全体を真実に見せる… フィードバック 「支持政党無しの無党派層は過去最高」という結果を得るために世論調査の回答項目に「民主党もダメだけど自民党もダメ」という項目を設定し全体の意見に偽装する…
すり替え 「傷害」を「いじめ」「窃盗」を「万引き」「殺人事件」を「交通事故」「テロリスト」を「レジスタンス」「略奪事件」を「抗議デモ」など受け入れ易い言葉に置き換える婉曲手法… 脅威の創出 尖閣購入時に「中国の脅威」は民主党政権以降に尖鋭化していたにもかかわらず恰も「都知事発言以降に尖鋭化した」かの如く捏造し民主党には他に選択肢は無かったと責任転嫁… 社会的同意 首相の靖国参拝に「外国」から激しい反発が起こっている…などと…特定アジアだけの意見を恰も世界全体が同意していると錯覚させる…「人権擁護法案」「外国人参政権」などもこの手法… 側面迂回 民主党の原発事故対応では線量などの周辺情報は正確に報じられ枝野幸男の「直ちに健康に影響を及ぼすものではない…」の嘘の信憑性を高めメルトダウン・風向きなどの核心部分は隠蔽された…
虚偽類似 「視聴率低迷は若者のテレビ離れのせい…」「CDが売れないのは違法ダウンロードのせい…」「紅白歌合戦に韓流スターが出演できないのは日本の右傾化のせい…」など都合の良い「原因と結果の因果関係」を作り出す… 事実確認 原発安全神話を作り出したのも公共事業にジャブジャブ税金をつぎ込んだのも自民党です…など…「一面的な事実」を先に述べ「事実確認」させ…自民党政権に逆もどりして良いんですか?…と未来を誤認・錯覚させる… 毒入りサンドウィッチ 「白川総裁が自民党の経済政策を批判」「安倍総裁の経済政策発言を市場が好感し円安に振れ株価は年初来の高値」「一方でハイパーインフレを懸念する声も」…のように序文と結論の否定的報道で肯定的な報道を挟み肯定的な報道の意義を低下させる… 砂糖入りサンドウィッチ 毒入りサンドウィッチの逆の手法…
  偽左翼マスメディアの情報操作手法
偽左翼マスメディアが日本人には絶対に伝えない真実
■イラクでの自衛隊に対する前代未聞の「感謝デモ」
(サムネイル画像のクリックで動画がポップアップ)

当時自衛隊叩きに躍起になってたメディアの
捏造・隠蔽から目覚めよう
誇りある日本の再生のために
「jQuery」と「jQuery UI」で HTML に彩りを添えよう…

「導入」「Button」「Accordion」「Tabs」「Effects/Slide」
「Progressbar」「Dialog」「Tooltip」「Menu」 「Extra」 / 公式「Widgets」以外の「jQuery UI」スクリプト
Blogger Template Customize Universal / INDEX
Blogger テンプレート・カスタマイズ / 全般を解説
高速化・最適化対策の結果と備忘録
Scroll Top